オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

50代の釣りの目標を考えてみた。次はGT、クロカジキ、クロマグロ

»

毎年大物を釣り上げてきました。

2016年 北海道 稚内 イトウ 80㎝

14705768_1346011975408861_1447817927684211305_n.jpg

2017年2.3mバショウカジキ 沖縄

kajiki5-1-640x430.jpg

2018年 レイクトラウト80㎝ 中禅寺湖

laketrout80.png

実は大物釣りは体力も必要でして、60代になってからはかなり厳しくなっていくのではないかと思っています。

それゆえに、50代でできるだけ大物を釣り上げておきたいと思った次第です。

特に体力が厳しい、以下の3つは早めに釣り上げておきたいです。

GT(ジャイアントトレバリー):海外の小さいやつではなく、沖縄の沖にいる40,50㎏の大きいやつです。一日中、大型のルアーを投げるため、体力が必要です。

クロカジキ:釣りあげたら1時間以上かかることもある100㎏クラスの大物が釣れるため、筋トレ+持久力が必要です。

イソマグロ:海のダンプカーと言われるパワフルな魚です。これも20,30㎏になるそうです。

クロマグロ:これも20,30㎏になるそうです。

日本で釣れる大物は他にもカンナギやオヒョウ、ソウギョ、鯉もありますが、チャーターができない釣りはいいかなって思ってます。始めるとわかりますが、鯉釣りなど陸から狙える大物釣りは本気でピリピリしている人が多いので、ものすごく興ざめです。近くに行っただけでもすごい顔でにらまれたりします。

釣りはやはりジェントルでないとね。

50代は、GT、クロカジキ、クロマグロを狙って遠征に行きます!この3つを狙っている間にイソマグロも釣れるはず。

50代でこれを全部釣ったら、60代はどうしようか。また、フライキャスティングに戻るかな。

いや、カナダのキングサーモンをフライフィッシングで釣ろう。キングサーモンはすでに釣ってますが、前回はトローリングだったので、フライフィッシングがいいなぁ。

なんていう妄想はさておき、今日はこの辺で。

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントやインスタを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

https://www.instagram.com/tokyofly04/
※Facebookのほうはキャリアネタのコラムをフォロワーに公開しています。
※プライベートはインスタを見るとわかります。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する