オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

RubyビギナーのためのStep upコラム > 第6回 Rubyのモジュールについて(1)

»

私がCTC教育サービスで編集支援している中越智也氏のRubyビギナーのためのStep upコラムの第6回「Rubyのモジュールについて(1)」が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

みなさん、こんにちは。
今回はRubyの文法の話題です。Rubyの「モジュール」についてなのですが、モジュールって皆さん、使われていますでしょうか?

Rubyのモジュールは、多言語でいいますとJavaのインターフェースのようなものと言われることもあるのですが、Rubyのモジュールは実は結構いろいろな役割を持っています。であるがゆえに、正体がとらえにくい・・・ということもあるかもしれません。今まで、あまりモジュールに触れてこなかったという方は、この機会にぜひ知っていただければと思います。

Rubyのモジュールには、主に3つの役割があるといえます。
① 共通に利用するAPI的な関数(モジュール関数)の提供
② 継承に代わってクラスに実装を提供
③ 名前空間の提供

まず、Rubyのモジュールの定義方法を確認してみましょう。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakagoshi/nakagoshi06.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する