オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

OpenStack海外動向 > 第24回 Zuulのケーススタディ:OpenStack Foundation編

»

私が編集支援しているCTC教育サービスで野田貴子氏のOpenStack海外動向コラム第24回「Zuulのケーススタディ:OpenStack Foundation編」が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

こんにちはー。野田貴子です。今回は海外で公開されているOpenStack関係のコラムを意訳します。英語が苦手な方にとっては、日本語で要約版があると助かるのではないかと考え、日本語訳したものをご紹介いたします。
興味がある方はご参考ください。海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

さて今回はZuulの話です。OSF(OpenStack Foundation)は約6年間Zuulを使用してきました。スーパーユーザーはClark Boylan氏とDoug Hellman氏に、Zuulの利用経緯を伺いました。

###

Zuulはプロジェクトゲーティングと相関プロジェクトにフォーカスし、継続的な統合、配布、デプロイができるシステムを推進しています。スーパーユーザは一連のインタビューで、ユーザーがZuulを選んだ理由とその使い方を尋ねていきます。

OpenStack FoundationはZuulを約6年間使用してきました。スーパーユーザーは今回、OSFのインフラストラクチャエンジニアであるClark Boylan氏と、開発者、編集者、著者、ベテランのOSFコミュニティメンバーであるDoug Hellman氏に、Zuulの使用経緯について話を聞きました。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/noda2/noda224.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する