オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

今年の自分のことを漢字二文字で表すとどうなるか?」

»

突如、降臨してきたお題目があります。

「今年の自分のことを漢字二文字で表すとどうなるか?」

漢字二文字の表現の範囲で的確な表現をするには、自分をよく知ったうえで、いろいろなことを切り捨てて選ばなければなりません。

みなさんでしたら、何を思い浮かべますか?

今年もあと1か月。

一年間を振り返るのにも丁度良いと思い、自分に対してお題目を出してみました。

私の一年は独立二年目の年であり、12社のお客様とお付き合いすると、ほぼ毎月いろいろあるので、必死に食らいついてきたつもりでいます。その一年の中で今まで今まで自分が気が付かなかった自分や大事にする基準の変化などがあったように思えます。今までの私は「集中」と「突破」的な感じを大事にしていて、一気呵成に早や仕掛けで攻め上がるのがとても好きでした。大きなムーブメントを作るには非常に大事な要素ではありますが、お客様のビジネスを支援するうえでは、一気に伸びるよりも確実の伸びるほうが求められるため、起業後は「営む」ことを大事にしています。お客様のビジネスサイクルのなかで、生き、良い循環でビジネスが回りやすくするように支援をすることがすごく重要だと思います。

そういう私が目指したものは、

「共営」

です。

実際はどうだったかといいと

「不眠」

だったかもww(そういうう人結構多そうですw)

来年は、もっと効率的に仕事を行えるようにしたいです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する