オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

門松やしめ縄、鏡餅は飾りましたか?

»

門松やしめ縄、鏡餅などの正月飾りは28日の前に飾るって知ってました?

門松やしめ縄、鏡餅はお正月の神様であるお歳神様を歓迎するためのものなので、12月中に飾らなくてはなりません。

そこまでは誰でも知ってますよね。

ではいつまでに飾らなくてはいけないのでしょうか?

正解は28日までのようです。

(つまり今日までですねw)

31日は一夜飾りとなり、お葬式の一夜飾りと重なるためNGです。

30日は旧暦の大晦日であり、同じく一夜飾りとなるためNGです。

29日は二重苦の意味に繋がるためNGです。

よって、28日までに飾るのが慣わしのようです。

実際問題として28日までに、大掃除を済ませ、
正月飾りを飾り、ゆっくりとした気持ちで
正月を迎えると良い事がありそうですね。

来年も、皆様が幸せになりますように。

Comment(2)

コメント

今日、近所のスーパーに行ってみたら「29日は『フ』『ク』で福の日だから今日飾ると縁起が良い」というキャンペーンが行われていました。吉政さんのおっしゃる通りにすると28日までに売れなかった正月飾りは死蔵品になりかねないですので、なんとか29日にも売ってしまおうという経営努力なのかもしれません。
私の実家では28か30日にするように言われていました。30日も良くないという説があるんですね。googleに聞いてみたところでは12月30日は『正月飾りの日』だそうです(笑)

吉政忠志

山本君、AllAboutとGoogleと近所のスーパーのどれを信じるってことかな?(笑)

29日を『苦日飾り』とも言うそうだよ。

コメントを投稿する