オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

夢を実現すべく、KAMARQが第三者割当増資を実施いたしました。

»

2016年3月31日、不肖加藤が資本と経営に参画しているKAMARQは、環境エネルギー投資様、セゾン・ベンチャーズ様、iSGSインベストメントワークス様を中心とするファンド及び個人投資家を引受先とした約3.5億円の第三者割当増資を実施したことを発表いたしました。

新たに、同社の株主になっていただいた法人個人の皆様のご参画、まことに心強いです。何卒、宜しくお願いいたします。


また増資報告に併せてクラウドファンディングサイトのMakuakeにて、当社の第一弾製品SOUND TABLEの先行予約を開始しました。 https://www.makuake.com/project/kamarq/

製品を詳説するビデオには、町野さんに加え、デザインを担当した鄭州和さんも想いを語っています。


この増資と製品発売については、Tech Crunchなど多くのメディアで記事としていただきました。
■ 音楽を再生するIoT家具「SOUND TABLE」のKAMARQが約3.5億円を調達
http://jp.techcrunch.com/2016/03/31/kamaq-sound-table/





僕がこの参画先を紹介するのは2014年6月11日の設立以来、2回目です。

■ KAMARQを開業いたしました。
http://katou.jp/?eid=485

前回は、サイバーエージェントベンチャーズ様からのご出資にあわせて開業を公表したタイミングでした。

設立から2年弱たちましたが、個人としては、プロダクトメーカーの運営が如何にエネルギーを要するか、を身に沁みて体感しています。




家具をメディア化する、その構想については、 町野さんが生活スタイル研究所様でお応えしているインタビューをご覧いただければ、と思います。

■ 家具が世界とつながるメディアに。ユーザーとつくる住まい方の未来。
http://www.b-desse.jp/forecast/525/



KAMARQ http://kamarq.jp/ は、あなたの世界を広くします。

SOUND TABLEから、ぜひご体感いただきたい、です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する