オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

新年 明けましておめでとうございます。

»

旧年中はたいへんお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

昨年は、一昨年末の未曾有の金融危機が開け、目覚しいアジアの回復が顕在することで「21世紀はアジアの世紀」であることを世界が認識する年となりました。

いっぽうでグローバル経済と少子高齢化の進行・・と我が国を取り巻く内外の環境は依然厳しい状況にあります。

そんな中で、私たち私 加藤順彦および小生が経営するPanAsia Partners pte ltdは、いよいよ目覚しい経済成長を遂げていくアジアを機軸にアジアの一員として成長する日本企業に対し、フルコミット型の支援をしていくことで、日本の新しい成長モデルの創造を実現していこう、と行動してまいりました。

NIKKOを退任し、シンガポール移住後の実質的なスタートの年なった2009は、グローバル対応/アジア進出をねらう日本企業の事業成長を支援するため、事業成長に必要な「資金」「人」「知恵」を提供し、私たちもリスクをとって支援する体制を整えながら、活動することがまぁまぁできたか、と存じます。

昨年はまた移住を機に定めた 【我が国を外から揺さぶり、刺激を与える存在を目指す】べく、このブログおよびtwitter、Facebookにて、「成長するアジアを面で捉え、その一員として日本を捉えた視座で、精一杯の情報を発信してきました。本年もその活動をより力強く継続していきたいと思います。

本年は、この社会活動に加え、7月には参議院選挙があります。応援する田村耕太郎氏も改選を迎えます。ひと肌もふた肌も脱ごうと考えています。
並行して、在外邦人の投票促進の活動も微力ながら行えれば!と夢想しています。

というわけで!すが
本年もより具体的な行動と提案を、みなさまにご披露し、願わくばご縁を頂戴したいと考えております。

2010もシンガポールの地から
日本の 優れた人を、技術を、コンテンツを、ブランドを、サービスを、アジアへと昇華していきます。よろしくお願いいたします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する