オルタナティブ・ブログ > Power to the People >

Yagishita's alternative blog

HTC J One は iPhone5 の夢をみるか #htcjone

»

5/20 は、ITmedia mobile 様からお誘いいただき、「Meet the HTC Night」という HTC J One のロウンチイベントに参加しました。そこで、6月上旬以降発売予定のデバイスを、一足早く触りました。ありがとうございます。

Opening_2

iPhone5 と STREAM X (GL07S) の2台持ちユーザーからみた印象を整理したみたいと思います。

  • iPhone5 を意識したと思われる高級感ただようデザイン
  • オーディオやカメラといったメディア関連はユニーク
  • 荒削りな部分が見え隠れするところが残念

最初に、アルミニウム製フルメタルボディとダイヤモンドカットされた縁が、iPhone5 をかなり意識しているなという印象を持ちました。ハイエンド層をねらいうちする上で、iPhone5 は無視できません。また、多くの Android 端末との差別化をはかり、iPhone5 と同様にプレミアム感をだそうとしている姿勢はいいと思います。

サイズ的には、GL07S とほぼ変わりません。しかし、より持ちやすくラウンドシェイプを徹底したバックパネルにより、持ちやすさは断然 HTC J One の方がいいですね。GL07S はたまにですが手の中で滑るという感覚がするので。

次に、目立つのはデュアルなステレオスピーカー。他メーカーとの差別化の1つとして、オーディオやカメラに気合を入れてるようで、従来モデルと同様に BeatsAudio を採用していることもあるためか、なかなかインパクトのある音をだしていました。「Bluetooth スピーカーいらず」とおっしゃっていたので、一度比較してみたいところです。

カメラなのですが、画素数というよりも光量をいかに捉えるかを意識した UltraPixel 技術により、光量が少ない場所でもしっかり撮影できるとおっしゃっていました。会場でカクテルがふるまわれたのですが、それを撮影したものがこれ。f2.0 で撮影されていたと思います。

Coktail2_2

で、iPhone5 の Instagram で撮影したのがこちら。

Coktail_2

Instagram の方が手ブレしているのでいけていませんが、オレンジの色とか綺麗かなという印象。様々な撮影モードがあったり、Zoe という新しい方法も紹介されていました。Zoe では、「場所」「日時」で静止画を集めてショートムービー (一種のスクリーンショウ) を作成できたりするそうです。このムービーは、HTC 独自のサーバーにアップロードされ、URL ベースで共有できるとのことですが、PC や他のデバイスでどのように見れるかきになりますね。

このように、物欲を刺激するデバイスなのですが、残念なところもいくつかありました。デュアルスピーカーの採用から、メーカーロゴを強引にいれたらしく、ホームボタンが右側に移動しています。Android ユーザーからみればデフォルトの位置にホームが無いというのは混乱するところです。プレミアム感をだすのであれば、あえてフロントにメーカーロゴを入れないという選択肢もあったと思います。

また、Facebook や Twitter 等の更新情報や各種ニュースの新着情報を、ホーム画面上でストリーム形式で表示する BlinkFeed。Flipboard っぽくておもしろいのですが、ニュースソースについて日本独自のソースが少ないというのが残念なところ (IT 系で ITmedia がなかったし)。HTC J One は HTC One の日本市場向けモデルとして、ワンセグやおサイフケータイに対応しているのですが、こういうところも対応しているとよいと思いましたよ。

GL07S ユーザーからみた HTC J One は、形状・電池容量・OS といった基本スペックがかなり似ているため気になります。正直メタルボディには惹かれちゃいます。いままで、au でかつ Android 端末を使っているかたには、気になる端末なのではないかと思いました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する