オルタナティブ・ブログ > 新価値創造プロジェクト >

仕事、ライフスタイル、世間での新しい価値を求めて

2ヶ月ぶりの東京

»

今週は中国は国慶節で1週間休日だ。

先週の金曜日はオフィスの回りは15:00には道路が封鎖され、祭りが始まり、自宅に帰れなくなるということなのでオフィスでの仕事は早く終了して自宅マンションに戻った。

日本でいうと大晦日のような賑わいで、ほとんど午前中で仕事は終わるらしい。中国人スタッフとタクシーで帰宅したが、これから彼女に会いに行くといって、楽しそうにしていた。

ビジネス的にはこんな重要な時期に1週間も休まれては困ると言いたいところだが、そういう訳にもいかないので、”Have a nice golden week!!”とか言いながら帰宅をした。
翌日帰国をし、久々の1週間の日本滞在となった。東京は2ヶ月ぶり。

久々の東京で感じたこと

1)同じ高層ビルでもしっかりしているように見える。(たぶん実際そうなのでは)

2)夜のネオンが落ち着いている。

3)安心して青信号が渡れる。

4)朝の通勤ラッシュはやっぱり嫌だ。

5)タクシーがすぐつかまる。

6)白飯がうまい。

ちなみに、国慶節は金曜までで、次の土曜から勤務が始まるため、小生の休日は国境の狭間に落ちてしまった。

Comment(2)

コメント

nao

お久しぶりです。こちらは無事二年目のシカゴ生活を送っています。夏に日本に帰って、日本は祝日多いな~と思いました。こちらはクリスマス休暇は長いですが、あとはThanksgivingくらいで、ほとんど祝日ナシです。

渡部

naoさん。お久しぶりです。日本では結局1回しかお会いできなくて残念です。ところで、中国スタッフにも同じ事を言われました。「日本人は休日が多い」と。祝日が多くてここ数年は土日に重ねるのでしょっちゅう3連休をとってるように思われてます。確かに9月は多かったようです。「でも君たちとは違って日本のサラリーマンは夜中まで残業代も貰わず働いているんだ!!」とは言えませんでした。

コメントを投稿する