オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

本物のリーダーシップ

»

リーダーシップの発揮の仕方にも様々なスタイルがあります。人格や性格によって左右される部分も多いと思いますが、その人の育ってきた環境や経験にも大きく左右されると思います。

自らもある程度のスタイルを持っていますが、「週間ダイヤモンド」の2月9日号に掲載されている、二宮清純氏の連載「勝負のバランスシート」に「動作一つで士気を鼓舞する”無言のリーダーシップ”」という記事があり、リーダーシップに関して改めて考えさせられました。

記事の内容は、セルティックの中村俊介とマリナーズのイチローに関して紹介していますが、2人ともここぞと言うときには、コーナーキックのためにコーナーに向かうとき、守備につくときなどに、全力で疾走し、それにより味方の気持ちやバテてしまっている状態を引き締めることでリーダーシップを発揮しているそうです(確かに思い出すとそうですね)。

みんなを集める、言葉で檄を飛ばすなど、相手に向かって行動することだけがリーダーシップの発揮ではなく、自らが率先して行動することで、味方の意識を引き締める。このようなリーダーシップはビジネスの世界では欠けていると思います。かつてカリスマと言われた経営者には、言葉だけでなく、このような無言の動作でリーダーシップを発揮していた部分、そして率先して行動することで社員の行動を喚起することを日常的に行っていたのではと思います。

チームを集めて意味の無い報告・確認のためのミーティングを行う、社員に気を遣うことでリーダシップが発揮できると思い状況や状態の確認のために朝会を開く、さらにはメールで指示やメッセージを出し続けることでリーダーシップを発揮するなど、日常的に行われているリーダーとしての行動は、いざと言うときには行動が伴わない単なる管理者のレベルであり、行動によって士気を鼓舞するという本物のリーダーシップにはかなわないと思います。

「リーダーシップの本質=いざと言うときに率先して行動する」という結論です。

Comment(2)

コメント

なかじま

ご無沙汰しております。


このエントリーを読んで思いだす企業トップの行動として、無言かどうかは別として、ジャパネットたかたの社長は「行動によるリーダーシップ」を常に実践しているのでは?と思います。情報漏えい事件を起こしたときの対応も見事でしたし。


その意味では「Playerとしての行動」でのリーダーシップと「Manaerとしての行動」でのリーダーシップがあると考えます。


Managemenntが時には「Playerとしての模範行動を示す」というやり方もあるでしょうし、「Managementとしての行動」(どんなもの?)を示す、というのが良いのではと思いますが、Playerとしての模範行動は無言でもいいかもしれませんが、「Managementとしての行動」は無言であってよいのでしょうか?


と、ちょっと考えてしまいました。

蔵栗鼠

少し考えてしまいます。
やはり意思の疎通は必要です。
プレイヤーというのは卓上の参謀とはまた違うアベレージで実践(プレイ)すると思うので。
ここでいうリーダーシップのイメージはある意味「器」を要求される訳ですよね。
つまり「器」とはその人自身が持つ 経験則と知識の融合した哲学的な素養であって=リーダーシップとは少し異なるように思うのですが...。
寧ろその器に共鳴した者達に働きかけるという意味では「信望者」が無意識的に動く、といった感がいたします。

コメントを投稿する