オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

何故、「年金調査が難しくなっているか」という番組をこの時期に放送するのか?

»

昨日NHKで”消えた年金問題”の調査状況に関する番組を放映していました。

うがった見方をすると、

  • 何故この時期に詳細な調査方法を説明する番組を放送するのか(そもそも、調査不可能となる可能性があるという問題が再燃する前、社会保険庁の調査に関する現状を取材して、リスクの存在を指摘すべきではないのか)?
  • いかに調査が難しいか、莫大な資料を目の前にして時間をかけて調査をしても見つからないという事実だけを延々と流すのか(できないことを、ここまでやってもできないのであれば時間がかかったり最終的に見つからなくても仕方がないという正当化と映る)?
  • 現状の調査手順に関する問題点や改善に関して何も指摘がないのはなぜか(調査方法を確認している限りでは、別のキーを使って調査を行うなど、調査方法にもまだまだ工夫の余地がある部分に関して専門家の指摘などが行われず、現状の調査が最善の方法であるという論調にたっている)?
  • 過去の社会保険庁の管理や、体制の問題点を指摘して、かつ元職員がずさんな管理を暴露しているように映るが、実際に責任を取れずかつ何の対応にも参加できない人のコメントを加え、責任は過去のオペレーションにあるが責任を取る人がいないという状況を是認しているような論調を正とするのはなぜか?
  • 枡添大臣だけでなく、前大臣、首相、前首相など、今回の件で発言をしている人にも番組で発言(説明)をさせないのはなぜか?
  • 「今後、調査にお金がかかる」ということを是として話を進めているが、誰のお金を使うのか明確にしないまま、お金を使わないと出来ないということで話をすすめてしまうのはなぜか?
  • そもそも何故NHKだけが取材して番組を組めるのか(民法は、社会保険庁の中に入って調査の現場をドキュメンタリー化はできていない、窓口での対応を確認するという間接的な方法しか許していない)

ということがとても不自然に映りました。公共番組といいながら、NHKを通じて現状で公約通りの結果を示すことが難しいこと、完全に出来ないときの言い訳、さらには今後の時間・労力・資金投入に関する正当化のための番組と感じてしまったのは私だけでしょうか。

どちらにしても、職員だけに任さず外部の専門家を入れて調査方法を含め再度全面的に監査を行い、「現状では難しいです、できません」という言い訳を許してはならないと思います。また、業務・システムの考えもはっきり言ってお粗末です。原票とのずれは起票側の責任、帳票から入力へはミスは無いという前提で、入力ミスの確認、チェック機能の追加、監督などを怠ったことや、キーが不在の状態でも登録を許していること、さらには番号をキーとしたとしてそのキーに異常があった場合に他のデータ項目を使用して回復する方法など、基本的な設計レベルでのお粗末さが目に付きます(このような設計をしたベンダにも費用負担を求めるべきだと思います)。

また、費用の弁済に関しても、枡添大臣は「制度がないので、過去の責任者から給与等の返納を求めることは困難(強制はできない)」という発言がありましたが、「もらったものは返さない」、「過ぎたことの責任は問わない」のであれば、今の官僚、職員、大臣を含め、最小限の給与以外は全面的に返納させるべきですし、それ以上に制度を作って過去の責任を追及すればいいだけではないでしょうか。聞こえはいいのですが、結局のところ身内をかばっている発言に聞こえてしまいます。もう一つ知りたいこととしては、社会保険庁に勤めていた人の年金が消えていることは無いのでしょうか。全員がきちんと満額受け取っているのであれば、その人たちの年金の一部も調査の原資にあてるべきではないかとも考えてしまいます。

Comment(6)

コメント

toorisugari

これはエントリーでなくNHKに投書なされば良い事じゃないですか。あたかも揚げ足取りに粋がっている子供みたいですよ。貴方のHpに記される様にご自身JTがらみじゃないですか。果たしてこんな事迂闊に書いている場合なのでしょうかね。

Masaki

誤字ぐらいはしっかり訂正したら?
舛添さんとか名前間違うって失礼だし、民法って法律じゃないし、、、、
民放じゃないの?とか目につきます。

批判を展開するだけの能力があるのかと疑います。

匿名

公的年金制度の起源は昭和16年法律第60号の制定に始まります。この法律制定時点で個人を識別するキーは年金番号しか想定されていませんでした。被保険者に年金番号の管理責任を委ね、生涯1制度1番号を前提としていました。
仮に今から新しいキーを追加するにしても、このような形で制度が始まってしまった以上は是正は困難だろうとも思います。そしてキーが無い以上キーを変えて走索するのもまた困難ではないでしょうか。
現状の社会保険庁のシステムは、このような制度(法律)に忠実に実装され、、紙による人手での管理から機会管理へ移行されています。これを制度として是正する権限は社会保険庁に無く、法令により厚生労働省年金局がその責を担って居ます。
また、制度開始当初のキーの設計については、戦時中という時代背景による技術的制約や物資上の制約(質量ともに)、人的資源の制約も考えなければいけないのではないでしょうか。

クソ公務員は死ね

とにかく国がやったことに文句言うやつは非国民だ、黙ってろ。というのが今までのコメントのまとめ。
素晴らしい国ですね。
こういうところに「通りすがり」とか書くバカは死ねばいいのに。おまえはどこを「通って」るんだ? アホか

ただ

ともかく番組にして放送できたので第一段階はよしとしませんか。社保庁にしろねんきんにしろ問題はそう簡単に解決できる白物ではないことだけは確かですから。

匿名≠通りすがり

12/18 17:21のコメントは、情報システム会社勤務経験者(≠公務員)からみた見解として執筆者様には御了解賜れれば幸いです。

コメントを投稿する