オルタナティブ・ブログ > トラパパ@TORAPAPA >

IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

ぼろぼろになった靴を大事そうに履いている人をみかけると、なんか自然にとっても好感が持ててしまう(笑)。

»

 

自分自身も割かし、靴は大事に長い間使う方だ。

 

気に入った靴は特に、靴底がすり減ったら底だけ替えてもらう。できるだけ馴染んだ靴を、長々と履いている。

 

靴はキレイにこしたことはない。手入れは必要だ。だけど、ちょっと擦り切れた、汚れた、傷ついた、とかいってすぐに買い替えるのは好きではない。

 

それに、営業の基本として、「使い込まれた靴」は手入れさえされていれば、かえって好印象なことも多いのだ。あまりに靴がキレイな営業と話すとき、ついつい

 

「アンタ、本当に営業して外回りしまくってるのか?がんばってるんでしょうか??」

 

「ひょっとしてタクシーばっかり使ってるんじゃないの?」

 

なんて、皮肉を言われかねないよ(笑)。

 

そういう営業ミッションを長年こなしているうちに、他人の靴をしょっちゅう眺める癖がついてしまった(苦笑)。

 

そんな中で、

 

ぼろぼろになった靴を大事そうに履いている人をみかけると、なんか自然にとっても好感が持ててしまうのだ(笑)。

 

モノを大事にする人なんだなー。

 

きっと忙しく歩き回って、実直な人なんだろうなあー。

 

きっといろいろ苦労も多いに違いないけど、かえってカッコいい(笑)。

 

そんなことを考えてしまうのだ。

 

身なりは大事。だけど新品でそろえる必要なんかないのだ。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する