オルタナティブ・ブログ > Practice makes perfect >

習うより慣れよ

CPUを4つ割り当てて、ESET NOD32アンチウイルスでウイルススキャンをしてみる。

»

CPUを4つ割り当てて、Avira Antivirus Proでウイルススキャンをしてみる。:Practice makes perfect:オルタナティブ・ブログ 2020/02/06

上記に続き今度は、CPUを4つ割り当てて、ESET NOD32アンチウイルスでウイルススキャンをしてみる。

テスト環境
Apple MacBook 2019(macOS Catalonia バージョン 10.15.2)
第9世代の2.4GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)
AMD Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
32GB 2,666MHz DDR4メモリ
1TB SSDストレージ
セキュリティソフト:Sophos Home Premium Mac版(FirewallはOS標準のもの)
Parallels Desktop 15 for Mac Pro Edition バージョン15.1.2(47123) + Windows 10 Pro 1909(Avira Antivirus ProをインストールしているWindows 10 Proとは違うライセンス)

現在は、法人向けのなったESET NOD32アンチウイルスだが、法人向けになる前に元々持っていたライセンスを更新し続け、弊社Webサービス「カンタン!ブログお引越しサービス」のWindows 本番機にインストールしてあったものを、引き継いでいる。

Parallels Desktop 15 for Macの設定で、4CPU, RAM 8GBを割り当てる。

ss20200223_135931.jpg

Virus pattern signature更新直後、SET NOD32アンチウイルスでウイルススキャン中。

ss20200223_140053.jpg

ss20200223_140123.jpg

319,230ファイルで、2分10秒。

ss20200223_140315.jpg

Virus pattern signature更新直後で、同じVirus pattern signatureでウイルススキャンする時に、一度検査したファイルで問題ないものは飛ばすという効果が現れていない状態での、2分10秒間というウイルススキャン速度に、驚愕とともに大満足です。

ESETの話題
ESET インターネット セキュリティ Ver.12:Practice makes perfect:オルタナティブ・ブログ 2019/03/31

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する