オルタナティブ・ブログ > Practice makes perfect >

習うより慣れよ

Panasonic Let's note CF-SX2(中古)を購入した。

»

Windows Update経由で、Windows 10 1903へのアップデート:Practice makes perfect:オルタナティブ・ブログ 2019/06/12

#この、Panasonic Let's note CF-SX2は中古品で、RAM増設, SDDに換装してあります。Panasonic Let's note CF-SX2のチューンナップについては、別途記事エントリします。

上記の様に書いていました。少し間が空いてしまいましたが、Panasonic Let's note CF-SX2のチューンナップについて記事エントリします。

テスト環境
Panasonic Let's note CF-SX2(Intel(R) Core(TM) i5-3320M CPU @ 2.60GHz)
RAM:8GB(増設済み)
SSD:250GB(換装済み)
Windows 10 Pro バージョン 1809 ー> 1903
ESET インターネット セキュリティ Ver.12(Firewallあり)

2019年5月某日、SoftBank SELECTIONからのDMで、リサイクルPCが安いという。少し考えて(割引クーポンの有効期限は過ぎてしまったが)、Panasonic Let's note CF-SX2(中古)を購入した。

届いた箱を開けると、緩衝材にくるんである、Panasonic Let's note CF-SX2, ACアダプターのみが入っており、その他余計なものは一切入っていないというストイックさだ。

IMG_3949.jpg

液晶画面のバックライトも暗くて見辛いということもなく、筐体に少し擦り傷がある程度。

パームレスト向かって左側には、「パナソニック工場で点検済 神戸リフレッシュ!」というシールが貼られている。

プリインストールされているOSが、Windows 8だったので、Windows Update ー> 手動でWindows 8.1へアップデート ー> Windows Updateを掛けたのだが、どうしても最後の一つがアップデートできない。

そこで、SSDに換装後、えいやっ!ということで、OSをWindows 10 Proにすることにした。

HDDは、東芝製の9.5mm厚のものだったので、スペーサー付きの、Crucial MX500 250GB SATA 2.5" 7mm (with 9.5mm adapter) Internal SSDに換装した。

crucial_MX500.JPG

この、Panasonic Let's note CF-SX2は、底面に、「Pro Windows 8」というシール, 品番, R/N, 製造番号のシースしか貼っていないので、Windows 8のプロダクトキーもわからない状態で、えいやっ!ということで、Windows 10 Proをクリーンインストールしてみた。

私は、マックユーザーなので、誤解もあると思うが、

・Windows 10への無償アップグレード期間を過ぎても、メーカー製Windows PCならアップグレードできる?

・または、過去に一度でもこのPanasonic Let's note CF-SX2をWindows 10へアップグレードしようとした?

どちらかだと思うが、このえいやっ!ということで、Windows 10 Proをクリーンインストールした方法で結果的には、Windows 10 Proにアップグレードできました。
#但し、メーカーでは、公式に、Panasonic Let's note CF-SX2へのWindows 10のインストールは推奨していないというか、メーカー保証対象ではないので、自己責任でチューンナップしてください。

RAMも増設。

letsnotecf-sx2.JPG

他のサイトを閲覧すると、Panasonic Let's note CF-SX2にWindows 10 Proをインストールした際、元々のWindows 8用ドライバーが動作するものもあるということなので、Let's note CF-SX2シリーズ 導入済ドライバーのサイトから、該当するドライバーをダウンロードしてインストール。どのドライバーまで必要かわからなかったので、 PC情報ビューアー, PC情報ポップアップなどはインストールしなかった(あくまでも筆者の勘で、インストールする、しないを判断しただけなので、参考にならないと思う)。

あと一点気になったのが、筆者が購入した、Panasonic Let's note CF-SX2は、「リコール社告 ノートパソコン用バッテリーパック交換・回収のお知らせ」の対象になっており、Windowsを起動するたびに、案内の画面が表示された。

自動車などだと、「下回りの点検やってね」と頼むと、「あーこれはリコール対象なので無料で交換しておきました」となったような気がしたのだが(筆者が世話になっているディーラーだけかもしれないが)、「パナソニック工場で点検済 神戸リフレッシュ!」というシールが貼られている割には、そういう点検はしないのだなと理解した。申し込んで、新品のバッテリーが届き、リコール対象のバッテリーを届いた箱で送り返した。まぁ、新品が届いたのでそれ以上文句をいうこともない。

おまけ

Panasonic Let's note CF-SX2に元々入っていたHDDを、玄人志向Premium KURO-DACHI/CLONE+ERASE/U3 + 裸族のお立ち台のお立ち台 IDE to SATA 変換アダプターで、Panasonic Let's note CF-SX2に接続して、廃棄するためにガリガリとデータ消去しているところ。
#IDEからSATAのアダプターの関係で上手く挿入できませんでした。

IMG_3919.JPG

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する