オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

自分史のことなら自分史活用アドバイザーがサポートします

»

昨日に引き続き、今朝の朝日新聞朝刊の小説でも
「自分史フェスティバル」が題材となっていました。

マイストーリー 私の物語:126 林真理子:朝日新聞デジタル

主人公の自費出版会社の編集者が
「自分語りフェスティバル」で業者のブースを視察する話です。
一部を引用します。

さっき見たブースでは、ハードカバー本を一冊から注文出来、しかも十冊で四万円という値段であった。が、これは専用ソフトを使い、自分でレイアウトしなくてはならない。年寄りにはかなり難しい作業かもしれなかった。

以前は自分史の自費出版というと、
200~300万円ぐらいかかるイメージでしたが、
最近は、格安で少部数を手軽に作成できるサービスが
いろいろ出てきています。

そういうサービスの中には、専用ソフトを使って、
自分で編集、レイアウトするというものもありますが、
自分で原稿を書いたり、編集したり、デザインするのが
難しいという方々をサポートするのが自分史活用アドバイザーです。

自分史活用アドバイザーは、
自分史をつくりたい、活用したいという方々から、
自分史をつくる目的、どのように活用したいか、
希望する表現形式、予算などを聞いて、
ご要望に合わせた形でアドバイスやサポートをします。

自分史をつくってみたいけど、
どうすればいいかよくわからないという方は
ぜひお近くの自分史活用アドバイザーに
コンタクトしてみてください。

自分史活用アドバイザー紹介 | 一般社団法人自分史活用推進協議会

もちろん自分史活用推進協議会のほうに
お問い合わせいただいても大丈夫です。
ぜひ多くの方々に、自分史をつくったり、
活用したりしていただけたらと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する