オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

自分史をまとめることで、点が線になる

»

林真理子さんが朝日新聞朝刊で連載している小説「マイストーリー」で
現在も「自分語りフェスティバル」での場面が続いています。

今日の朝刊の回は、フェスティバル内で、
自費出版の会社に勤める主人公が、
説明会で自分史をつくることの意義を説明している場面でした。

マイストーリー 私の物語:130 林真理子:朝日新聞デジタル

主人公のセリフを一部引用します。

「私どもはずっと本を出したい方々のお手伝いをしてきました。そして多くの方々がおっしゃるのは、自分史を書き、本を出すことによって、自分がこれまで生きてきた道のりが、しっかり整理出来たということなんですね。こうおっしゃる方もいました。今まで点だったものが、本を書くことによって初めて線につながったと……」

いわゆる「点をつなぐ」という話で、
こういった内容は、ぼくも自分史の講座やセミナーでよく話しています。
林さんはさすがによく取材をされているなと感心しました。

自分史をまとめることによって、
自分が今まで過去に経験してきたことの、
バラバラだった点がつながっていき
そこからいろいろなことがわかってくるというのが
自分史の最大の面白さの一つです。

まずは年表など簡単なものでかまわないので、
自分史をまとめてみて、
この面白さを実感してみていただけたらと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する