オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

自分史活用アドバイザーの塩崎明子さんのことが朝日新聞の記事に取り上げられました

»

自分史活用アドバイザーの塩崎明子さんが手がけている
ヒマワリ畑のことが朝日新聞の記事に取り上げられました。

静岡)ヒマワリ畑で人を笑顔に 32歳の女性、9年目

記事から一部引用します。

「ヒマワリで、多くの人を笑顔にしたい」。そんな思いから袋井市の自営業塩崎明子さん(32)らが手がけたヒマワリ畑が、9年目の夏を迎えている。浜松市西区の浜名湖畔で7月下旬に開かれた祭りには、30万本のヒマワリを見ようと県内外から約7千人が訪れた。塩崎さんは「新しい観光名所にしたい」と意気込んでいる。(中略)

塩崎さんがヒマワリ畑を手がけたのは、24歳の時。神奈川県で生まれ育った塩崎さんは、東京の大学を出た後、就職した会社の異動で浜松に赴任した。美しい海や湖、山がある浜松を気に入り、自分たち若者が中心となって、大学で専攻した地域活性化に取り組みたいと考えた。「目の前の人を笑顔にしたい。もっと市民と関わり合いたい」。そこで選んだのがヒマワリだった。

1年目は、10人でスタート。浜松市中区の馬込川近くの花壇に、わずかなヒマワリを植えた。2年目から南区飯田町でもヒマワリを育てたが、台風で畑が水没。畑をたびたび替えたり、仲間が転勤で去ったりと、必ずしも順調ではなかった。さらに、炎天下での草刈りや来場者の車の誘導など、「思った以上に過酷だった」と言う。

塩崎さんは、先日の人間力大賞でも準グランプリを獲得しましたが
本当に素晴らしい活動をされていますね。

「自分史フェスティバル2014」では、塩崎さんが講師を務める
小学生の子供を持つ親子向けの講座が開催されます。

小学生のための自分史講座 『僕の!私の!生まれた日ノートづくり』 ~つながる命~ 講師:塩崎明子

まだ引き続き参加者を募集中です。
小学生の自由研究にはちょうどいいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する