オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

ウェブが美しいのは「僕たちがコントロールできる世界だから」

»

ぼくは最近WordPressでサイトをつくって運営することが多いですが、
WordPressの創始者が来日して、講演を行った記事を読みました。

WordPressの創始者マット・マレンウェッグが来日、WordPressとウェブの未来について語りました – GIGAZINE

記事から一部引用します。

今、僕たちは歴史的瞬間に立ち会っています。何も行動をおこさなければウェブの世界はクローズド(閉鎖的)なものになってしまいます。TwitteやFacebookは僕たちをプロダクト(商品)と見ています。僕らは売られています。友達との会話をデータ化して広告主に売ってしまう。僕らは商材になっています。

ウェブが美しいのは「僕たちにフォーカスが当たっているから」です。「僕たちがコントロールできる世界だから」です。先ほど言ったとおり、WordPressは22%のシェアを得ました。でもまだ幸せとは言えません。78%も残っています。WordPressはもっと良いものを作らなければウェブをオープンな世界にしていけないでしょう。僕らの哲学をほとんどの人は分かってくれていないかも。みんな、ネットにつながればいい、動けばいいと思っています。

ぼくは、ブログやサイトをつくりたいという方には
無料のサービスではなく、WordPressをすすめることが多いですが、
それは、無料サービスだと、そのサービスの管理下に置かれて、
いろいろ制限が課せられて、自分のやりたいことができないことが多く、
また、無料といっても、結局代価として、
自分の個人情報やコンテンツをそのサービスに差し出して
利用させていることになるからです。

WordPressには多くのテーマ(デザインテンプレート)や
プラグイン(機能)が用意されているので、
自分のやりたいことを実現しやすいし、
ネットサービスの運営者の意向に振り回されることがなく、
サイトや内容を自分自身でコントロールすることができます。

もちろん、無料サービスの利用をやめる必要はないですが、
デメリットも意識した上で賢く利用して、
よりネットを活用するためには、
自分自身でコントロールできるブログやサイトを
つくってみるといいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する