オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

「顔が見える」ことの重要性

»

「ほぼ日刊イトイ新聞」で現在連載中の
「どうして投資をするんだろう?」が面白いです。

ファンドマネージャーの藤野英人さんによる
「投資」と「はたらくこと」に関する話ですが、
その第5回「社員の顔が見える会社。」
「ねたりか」にも転載されて、ネット上で話題になってました。

日本の時価総額トップ200社の会社のウェブサイトを調べたところ、
サイトに社長や社員の写真を載せているところや、
社長挨拶の主語が「弊社」とかではなく、
「私」「私たち」になっているところは
実際に株価が他の会社よりも高いそうです。
やっぱり「顔が見える」ということは重要なんですね。

この記事とは直接関係はありませんが、
一般社団法人自分史活用推進協議会の主催で、
8月12日、13日に東京・大井町のじゅりあんで開催する
「自分史フェスティバル2014」のウェブサイトでは、
現在、実行委員会のメンバーのページを公開して
まだ一部ですが、写真付きのプロフィールも掲載しています。

自分史フェスティバル2014 - 自分史フェスティバル2014 実行委員会 メンバー一覧

スタッフの顔が見える、
しっかりした運営を心がけていきたいと思っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する