オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

一旗会Japanの第100回会合で改めて感じた、継続することの重要性

»

昨日は、1997年にアメリカ在住若手日本人経営者・起業家と
その予備軍の支援団体としてロサンゼルスで設立された一旗会の東京支部である、
2004年に設立された一旗会Japanの第100回の会合がありました。

一旗会Japanを最初に立ち上げた眞部さんが、
これまでの軌跡について話をしていただき、
その後、ロサンゼルスで最初に一旗会を立ち上げた射手園さんが
ちょうど日本にいらっしゃって参加していただけたので、
アメリカでのビジネス事業を中心に話していただきました。

初めての方も含めて、思っていたよりも多くの方々に参加していただき
その後の2次会も含めて、とても盛り上がって楽しい会合となりました。

ぼくは一旗会Japanの3代目の代表を務めさせてもらってますが、
会の方向性で思考錯誤し、代表も替わりながら、
約9年間、ほぼ毎月会合を開催して、
第100回にたどり着いたことには感慨があります。
眞部さんや射手園さんも話をされていましたが
改めて、継続することの重要性を認識しました。

振り返ってみると、ぼく自身が長期間関わって
現在も継続しているものがけっこうあります。
ちょっとリストアップしてみます。

メルマガ『アメリカ発!「スモールビジネス」成功のセオリー!』
米国NPO法人日米メディア協会
Japan Film Festival Los Angeles
社会貢献型クイズサイト「eQuiz」
年表創造コミュニティ「Histy」
一般社団法人自分史活用推進協議会

このブログ「点をつなぐ」も2011年の2月に始めて、
これまで毎日更新を継続してきました。

もちろん途中で辞めてしまったものもたくさんあるので
継続が得意というわけではないですが、
やっぱり継続することで自分の力もつき
いろいろな展開が生まれてくることが多いので、
今後もできることは地道に継続していきたいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する