オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

心に残った1ページを他の読者と共有する仕組み

»

先日、都内の大型書店をのぞいたら、スティーブ・ジョブズの伝記本の面白いキャンペーンをやってました。

111229jobs1

111229jobs2

本の中に、書評ブロガーや編集者、翻訳家の方々が、どの部分が気に入ったかをコメントしたしおりがはさんであるというものです。

調べてみたら、これは「心に残った1ページを、他の読者と共有すれば、本の楽しみはもっと広く深いものになる」というコンセプトで講談社が始めたプロジェクトで、その第1弾がスティーブ・ジョブズの伝記本ということのようですね。

アマゾンのキンドルの電子書籍プラットフォームでは、マーカーとコメントを共有できるソーシャル読書の仕組みはすでに実現されていたと思いますが、そのような仕組みをリアルの本に結びつけるところは面白いですね。日本の電子書籍プラットフォームでも、早くソーシャル読書の仕組みを実現してほしいところです。もしかして私が知らないだけで、すでに実現しているところはあるのでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する