オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

年末最後の一仕事はGmailの2段階認証プロセスを設定

»

このところのネット界隈はGmailのアカウント乗っ取りが話題になっています。

Gmailのパスワードを何らかの方法で破られて、パスワードを変えられてしまう事例が多発しています。こうなると本人がGmailにアクセスできなくなります。被害はそれだけではありません。一般的なWebサービスでGmailのメールアドレスとパスワードで利用できるものは多いです。Gmail以外のサービスに連鎖的に被害が拡大する危険性があります。

まずはGmailのパスワードをなるべく複雑で、かつ他のサービスで使っていないものに変えることです。

さらにGmailは2段階認証プロセスを提供しています。これを利用することをお勧めします。

設定方法は以下のサイトの手順通りやれば簡単です。さっそく設定してみました。ポイントは以下の3つです。

  • 2段階認証は携帯端末で「確認コード」を受け取る必要があります。一般的にはガラケーまたはスマホのキャリアメールのアドレスにメールで受け取ることになります。※音声通話で受け取ることもできます。
  • Gmailにログインする度に確認コードを入力するのが基本ですが、自分が使っているパソコンを記憶させることで次回から確認コードを入力を省くことができます。複数のパソコンを使っている場合はそれぞれ設定します。
  • 2段階認証を設定するとAndroid等のGmailアプリでログインできなくなることがあります。「アプリケーション固有のパスワード」を別途作成して設定すれば大丈夫です。

明日から年末年始の休業に入る会社も多いと思います。年末最後の一仕事でGmailの2段階認証を設定しておくと、安心して年を越せるのではないでしょうか。

Gmail

Gmailでアカウント乗っ取り被害が多発? ひとまず「2段階認証プロセス」を有効に : ギズモード・ジャパン

Google2段階認証を設定した後、iPhoneでGmailを受信できなくなった場合の対処法 : ギズモード・ジャパン

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する