オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

【動画祭り】クリエーターはダムに行け

»

おことわり:当エントリでご紹介する動画はすべて派手な音が出ます。お仕事中に再生される時はご注意ください。

日曜は1つの仕事を集中してやる日にしている。今日はNetCommonsの新機能である動画配信モジュールの評価をしてみた。動画配信モジュールを使えば、YouTubeのような動画ファイルのアップロードと配信を簡単に実現できる。こんな高度な機能がオープンソースで無料で使えるのは素晴らしい。動画配信モジュールについては、いずれ機会を見てご紹介しようと思う。

動画配信機能モジュール自体のインストールは簡単だったが、その前提となるffmpegをLinux上でmakeして動かすまでにいろいろと手間取った。

なんとかインストールが終わって動作テストに使う動画ファイルを探していたところ、ある動画を見つけて思わず見入ってしまった。それは「MIYAGASE COMBAT 逆境への賛歌」だ。

もともとは2chのヤビツ・宮ヶ瀬スレで生まれたらしい。見ているだけでバイクで走りに行きたくなる、バイク乗りにはたまらない動画だ。YouTubeにアップされているものは画質が落ちているが、オリジナルはHDで撮られている。

この動画を100%楽しむためには、2つのことを知っておく必要がある。

1つ目のキーワードは、この動画のロケ地になっている宮ヶ瀬ダムとヤビツ峠だ。

このところ八ッ場ダム(やんばダム)を中止するかどうかがニュースになっている。八ッ場ダムは利根川の上流に計画されている。首都圏の都道府県は水道水を利根川に頼っているところが多い。例えば、東京都の水源は、地下水の比率はわずか0.2%で、78%が利根川・荒川水系、19%が多摩川水系から取水している。

その中にあって神奈川県は県の中央に相模川を抱えているため、首都圏が水不足になる年でも影響を受けにくい。その相模川の上流にあるダムが2000年に完成した宮ヶ瀬ダムだ。そして宮ヶ瀬ダムから一山越えて、秦野市方面に抜ける途中にヤビツ峠がある。宮ヶ瀬ダムの周りとヤビツ峠はバイクで走ると最高に楽しいコーナーが続く。バイク乗りに人気のスポットなのだ。

もう1つのキーワードは、XBOX 360のゲーム「ACE COMBAT 6 解放への戦火」だ。戦闘機のシューティングゲームで、XBOX 360のゲームの中でも人気が高い。このCGがたいへんよくできている。YouTubeでは画質が落ちているが、雰囲気はわかるだろう。

つまり「MIYAGASE COMBAT 逆境への賛歌」は、「ACE COMBAT 6 解放への戦火」の予告編をベースに、映像を差し替えて再構成した作品になっている。改めて「ACE COMBAT 6 解放への戦火」と比べてみると、元の雰囲気を活かしつつ独自の世界観になっていることが理解できるはずだ。

この作品を作るにあたっては、企画から始まって素材の撮影、編集、特殊効果まで、かなりの手間がかかっていると思われる。ニコニコ動画では、「編集力がはんぱ無い」「才能を無駄遣いしすぎ」「無駄に熱いものを感じる動画」とのコメントが付くくらいだ。

高画質ビデオカメラや編集用のパソコンが安くなって、インターネットで動画を手軽に公開できるようになったことで、才能があるクリエーターは自分の作品を世の中に問うことが容易になった。自分に自信があるなら、カメラを持ってダムへ行けばいい。

逆に言えば、自分が売れないことを周りや運のせいにできなくなったわけで、自分は何ができるのかを正面きって問われるようになった。楽しく、厳しい時代になったと感じる。

余談になるが、以前山口さんからこれをご紹介いただいた。

追記:このサイトに行くとBitTorrent DNAを入れるように薦められるが、ネットワークトラブルの原因になる可能性があるため「絶対にインストールしない」ことをお勧めする。

バイクに乗らない山口さんには、今回はこちらをご紹介しておくことにする。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する