オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

新入社員の本音がわかりづらい!

»

ある企業で、新入社員にとったアンケート結果を見せていただきました。 「入社半年経ったけれど、ぶっちゃけどうよ?」という内容の設問が並ぶものです。

「上司や先輩に感謝していることは?」
「上司や先輩にしてほしいことは?」
「上司や先輩にこれだけはやめて、と思うことは?」
などなど、

とにかく、

「ぶっちゃけどーよ?」

という趣旨のアンケートです。

「無記名でもよく、それぞれの上司や先輩に直接見せることもないけれど、上司や先輩たちに「こんな意見が出ていましたよ」と集約したものをフィードバックすることはしますよ。だって、もっとよい職場にしたいから・・」という前提で集めた、その回答は果たして・・・。


「良いことばかり」が並んでいるのです。

「先輩には感謝しています」
「上司にも先輩にもよくしていただいています」
「皆さんのおかげで、至らない自分がなんとか半年やって来られました」
「未熟な私を色々助けて下さり、ありがとうございます」

大量の「良い言葉」のオンパレードです。

「上司や先輩へのリクエスト」「上司や先輩への"これは困る"」といった設問には、

「特にありません」
「しいて言えば、もう少し、叱ってくださってもいいと思っています」

などと、やはり、あまり「よくない話」が出てこないのです。

うーん、なんか、怪しいぞ、これ。

何社かのを見せていただきましたけれど、総じて、似たような感じです。

新入社員に不満がないわけではないはず。

上司や先輩を見て、いろいろ思うところは絶対にあるに違いない。

以前(って、何年くらい前だろう?5年以上前かな)だと、本音炸裂で、面白かったのです。


「人にいろいろ言う前に、先輩の方こそちゃんとやってほしい」
とか、
「歳だ、歳だ、と連呼しないでほしい」
とか、
「オフィスで溜息疲れると、こちらもやる気が減るので、気を付けて欲しい」
とか、
「何でも、メールで送って、と言われると気分が萎える」
とか、

それなりに、新入社員の不満が並んでいたものでした、こういうアンケート。

ここ数年でしょうか。

「美辞麗句」が並ぶようになったのは。

だから、

怪しい。


匿名で集めても、「これ、人事の人は、誰から来たかわかっちゃうもんね」と警戒するのでしょうか。

とにかく、本当のところがつかみづらいのです。

匿名アンケートでこうなのだから、直接の会話で見えてくるはずもない。


上司も先輩も、OJT担当者も、一様に口にします。

「新入社員の本音がわかりづらい!」


本音を見せたら何かマズイことがあるとシンパイしているのでしょうか?
あるいは、
このネット社会において、学生時代までに「本音を隠す」という術を身に着けたのでしょうか?

思っていることを言っても大丈夫、というのは、「安心、安全」であることが保障されないと難しいものだと思いますが、上司や先輩が後輩(特に若手)の本音を探るには、どうしたらいいのか、どの企業でも悩んでいる問題です。


新入社員同士のLINEグループで、上司や先輩にあだ名つけたりしているんですかね。(私が新人だったらきっとやっている)

それはいいとして、もう少し、本音を見せてもらえると、上司や先輩も改善すべきことは改善できると思うのですが、・・・
年長者がそれだけ信頼されていないことの現れなのかもしれません。

=================================

『年上の義務』。面白い本でした。

  

============================

※Facebook Pageを開設しています。 田中のコラム、ブログ、紙媒体への寄稿、その他、講演などの情報を集約しています。時々忘れたころに「読んだ本の紹介」も行っています。

田中淳子 ~TanakaLaJunko公式Funページ~」 (←『Fun』は、スペルミスではありません。ジョークで開設したものの、便利なので、名称そのままで使っております)
https://www.facebook.com/TanakaJunko/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する