オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

新入社員が語る「誰よりも早く出社する」ことで得られるメリット。

»

ある企業の新入社員からこんな話を聴き、思わず、「すごーい!」と唸ってしまった。

配属されてから、自分なりに努力していることや工夫していること、うまく行っていること、などを挙げてもらった中で出てきた話である。


「誰よりも早く出社するようにしています。8時前には出社してます。もうずーっとです」

この発言を、「まあ、新人なんだから当然だよね」と聞き流してはいけません。どういう考えに基づき、早く出社しているのか。早く出社することで享受できているメリットは何かを尋ねてみた。

「まずは、早く出社することで、"やる気あるぞー"感を出せることです(笑)。周囲の先輩たちが、あの新人は、毎日早くから会社に来ていて、やる気満々だなぁと勝手に思ってくれます。」

「次に、早く出社すると、オフィスに常駐しているビジネスパートナー(BP、協力会社)さんと会話できるんです。始業時刻を過ぎると、それぞれ忙しくなりますが、始業前の時間に互いに早く来ている人同士、ちょっとした会話ができます。これで、BPさんと仲良くなれるし、会話から学べることもあります」

「さらに、私のOJT担当の先輩も比較的早く来る方で、私がそんなに早くから出社しているなら、ということで、"朝課題"を作ってくれるようになりました。コード書くとか何か作るとかそういう課題です。それを解くことで技術も身につきます」

「それはいい勉強の機会ですね。人脈も広がり、課題を解くことで技術力も磨かれる。いいことがたくさんありますね」

「はい、だからずっと続けています」

これが4月に入社した新入社員の発言だということにちょっと驚く。こういう風に自分で考えて行動している彼女は、チョーハイスピードで成長していくことだろう。

20代の方たちと話していても、こんな風にたくさん学ぶことがある。スゴイなぁと思うこともたくさんある。

【大久保さんのこの本には、20代(-30代)が成長するためにすべきことがたくさん書いてある。】

Comment(1)

コメント

ひづくり よういち

「周囲の先輩たちが、あの新人は~と勝手に思ってくれます。」

が、実は大事なことなんだけど、少々優秀なヤツでも自分にしか目が行ってないとなかなか気づかないみたいですね。

コメントを投稿する