オルタナティブ・ブログ > Software Development >

ソフトウェア製品開発現場の視点

携帯電話電波の空白地帯 - 東京の地下鉄

»

最近は幸いな事に地上を移動することが多いので、気になっていませんでしたが、久しぶりに地下鉄を利用して、携帯電話がつながらないことはかなりのストレスになりました。目的地に行くための駅の出口を探そうとしましたが、駅に停車している時間では、インターネットへの接続が回復するのが精一杯で、検索する時間はありません。ようやく検索が始まった頃に、地下鉄は発車して、電波の空白地帯の地下鉄のトンネルに入ってしまいます。

ユーザから見ると、携帯電話の通話が電車の中で禁止されているということをいい事に、地下鉄のトンネル内で携帯電話が使えるようにすることの優先度を下げているように感じます。おそらくいろいろとがんばっている方はおられると思いますが、ぜひ早期の実現を期待しています。日本ではありませんが、飛行機の中から飛行中に携帯電話を使えるようにしている航空会社もあるようです。近い将来、人里離れたところを除いて、携帯電話が使えないのは、東京の地下鉄の中だけだというようなことにならないように願います。

アメリカでは、飛行機に搭乗後でもドアが閉まるまでは携帯電話が使えます。また、着陸後にゲートまで移動している間も携帯電話が使えます。2003年くらいまでは、アメリカでも禁止だったようですが、アメリカン航空が独自の調査で安全を確認したことで許可が出たようです。その後、アメリカの他の航空会社も同様に携帯電話の使用を許可しています。携帯電話は、どうしても使いたいタイミングがあります。飛行機が着いたときに迎えにきている人に到着を知らせたいと思う人は多いはずです。利用者の立場に立てば、安全性に問題がない限り「ゲートに着いて飛行機を降りるまでは禁止」という杓子定規な規則は、なくすべきでしょう。

私は、電車の中でのt携帯電話の「通話」を禁止する事は行きすぎだと思っています。一部のマナーの悪い人の行動を止めるために普通の人が、携帯電話の便利な利用を阻害されていると感じるからです。遅れた電車に乗っている人に、到着駅で待つ人からかかってきた電話に出る事を「ルール違反」とする社会は、心地よい社会ではないですね。

Comment(12)

コメント

himat

何処でも繋がるのが当たり前という前提が間違っている気がするのですが。
数時間、場合によっては半日以上拘束されるというのなら兎も角、地下鉄なら長くとも数10分単位で通信可能域に行けるはずで、今でも十二分に恵まれているはず。
人命に関わるような緊急事態、数秒のロスが存続に関わるような事態なんて、そうは有りませんし、突発事故は別にして、そう言う事態ならば、そもそも別の手段、通信を確保した態勢を取るべきで、それを取らなかった自身の失策だと思います。
代替手段のある事項より、優先順位の高い事項は他にもっと有ると思うのですが。

地下鉄の設置は携帯会社共同で、という記事を読みました。

コストの問題もあるのでしょうが、つながらない地下鉄に乗らなければいいのです。

乗車客が減れば各地下鉄会社も考えるのでは?

Kimduhan

地下鉄走行中に電波が入らないのは日本くらいです。海外を知らない人は「今の東京で十分便利」と思うのかもしれないが、世界からは取り残されています。

skyisblue

電車の中で携帯で「通話」すれば他の乗客の耳に入らざるをえなくなります。私的な内容の電話を相手側の意思に関係なく聞かせることは品のない行為だと思います。相手の心を慮る思いやりをもって、自分にとってどんなに重要な内容であっても、他者にとっては騒音にしかならないと考える必要があるのではないでしょうか。
欧州では地下鉄やトラムの乗車中に携帯で通話することはよくあることですが、よく観察すると、通話している人に対しての視線は暖かいものではなく、通話している本人だけが周囲のうんざりした顔に気付いていない状況がほとんどです。人生を左右するような重要な携帯通話内容はそこまで多くはないのではないでしょうか。

Katsushi Takeuchi

たくさんのコメントありがとうございます。

himat さん、
確かに、どこでもつながるのが前提にするのが間違っているのかもしれませんね。最近、携帯電話や無線LAN の拡大によって、ネットワークにつながらない場所がどんどん少なくなってきています。どこでもつながることを前提にしたサービスが、広がってきていることもフラストレーションを感じる原因かもしれません。つながる範囲が広がっている中で、地下鉄は残された数少ない大規模な空白地帯だと感じました。

Kimduhan さんが「地下鉄走行中に電波が入らないのは日本くらいです」と書かれています。そうであるならば、取り残されないでほしいという気持ちはあります。

れっどさんが書かれている、「地下鉄の設置は共同で」ということも広がらない原因だと思います。競争があれば、そのような談合を差し置いて、サービスを良くする会社も出てくると思いますが、寡占の地下鉄では難しいように感じています。

skyisblue さん。私も同様に感じることはあります。ただ、一律に禁止するのはどうかと思っているわけです。地方の空港連絡バスで、最近「通話は最低限でお願いします。」という案内を聞きます。地方の空港だと、飛行機が到着した後にすぐに出発するバスに乗るしかなく、到着バス停まで迎えに来る人に連絡するタイミングを失うことがあります。そのようなときに、「禁止」と言われることは残念でした。実際「最低限で」連絡をしている人が結構います。そのような会話を聞くと、禁止でなくてよかったと思います。

通話は禁止でもいいけど、ネット接続が出来ないのはイライラしますね。
今は地方在住なので困ってませんが、
以前東京に住んでた頃はすごくストレスになったし、
今でもたまに東京や大阪の地下鉄に乗るとすごくストレスが貯まります。

通勤で1時間以上も地下鉄でただ立ってるだけとか不毛過ぎますね。
こういう都市からは革新的なモノやサービスは生まれないと断言してもいいです。

nekokitigai

たった数分何故我慢できないか、私から言わせればそっちの方が謎です。
便利な世の中をより便利に扱いたいのであれば自分の時間を少し割いてみてはいかがでしょうか?例えば、少し早く目的地に向かうとか、遅れるときは先に連絡する、そして緊急なら1度電車を降りて電話やインターネットを使えばいいのはないでしょうか?地下鉄って1時間に1本しか走ってないわけじゃないのですからね。
それと他国と自国を比べるのはあまりに良くないことだと思いますよ。まあ日本だからこんな悩みができるのですがね(笑)

Katsushi Takeuchi

Hideki Ikemoto さん、nekokitigai さん、
コメントありがとうございます。

私が東京の地下鉄で携帯電話がつながらないことを不思議に思い始めたのは、以前の Blog に書きましたが、福岡の地下鉄での経験です。福岡の地下鉄では、トンネルの中でも携帯電話が通じます。無意識ですが、地下鉄では携帯電話はつながらないということを、「そんなものだ」と受け入れていたのですが、福岡の地下鉄で通じることを体験したとき、「なぜ東京ではできないのか?」という疑問が出てきたのです。今でも「携帯電話なんか必要ない」ということで、使われていない方もおられますが、かなり少数派になってしまいました。たとえば、そういう人から、「公衆電話を使えばよい」と言われれば、数が減ってきていて不便になっていることを除けば、確かにそういう選択もあると思います。nekokitigai さんの言われることも、確かにそうです。他国と比べるのは良くないという点については、比べるのではなく、他国や他の地域(たとえば福岡)を知って、良いものは取り入れるということが必要かと思います。一地域にはない発想がいろいろとあって、楽しめます。

skyisblue

コメントへの回答ありがとうございます。
緊急の最低限の連絡を否定はできませんね。異携帯キャリア間でSMSができればどうでしょうか。日本では携帯電話会社が異なると電話番号だけではSMSできないので、相手にいちいちメールアドレスを訊かなければなりませんが、EUのようにSMSが契約会社に関係なく送信できれば通話の必要性が減るのでは?メールアドレスを訊くほど親しくない仕事相手が迎えに来てくれていてもSMSで(メールで済ませる非礼を謝りつつ)連絡がとれると思います。
地下鉄で電波がつながること自体はどちらかというと賛成です。というのも最も使う携帯アプリが「乗換案内」で、駅で急いでチェックしている際や電車の中で乗り換え駅を探している際に電波が途切れるので。そこまで人生急ぐ必要ないと自分を落ち着かせて、毎回検索をやり直してます。

maz

>飛行機が着いたときに迎えにきている人に到着を知らせたいと思う人は多いはずです。
使用できる場所まで移動する5分我慢できないのですかね?
考えの端々が凄くせせこましく思え、器がが小さく思われ兼ねませんね

ぶらとも

よく韓国へ行きます。地下鉄では走行中いつでもメールの送受信が可能です。テレビも見られます。…が、帰国後、地下鉄走行中携帯電波が通じない事に改めてストレスを感じます。日々の生活の中で90%地下鉄を利用しているので、ナントカならないものかなぁと思っています。

チャンツン

そこまで必要だろうか?何もかも許す必要が。
まず、電車の中で電話で話している人はうるさくて迷惑だ。
飛行機、空港での利用もいろいろと書いているが、可能かどうかはともかくとして危険性があるのは許可しないというのに従うべきだ。
旅行ブログを見ると明らかに利用禁止状態の写真が数多くアップされていて、空港の近くに住んでいるものとしては頭が痛い。カメラと携帯電話は使うタイミングが違うとか、細かいことは結構で、どちらも電子機器であり、使うタイミングを判断できない人が多くいるという事実は明白であり、携帯電話も押して知るべしということだと思う。
「絶対に安全という発想が危うい」とこの記事の横の別の記事の見出しにも書いてある。

コメントを投稿する