オルタナティブ・ブログ > Software Development >

ソフトウェア製品開発現場の視点

Xerox Star の思想を継ぐ? 富士ゼロックス「DocuWorks」

»

最近のブログでコンピュータの歴史のようなものを2度ほど書いたところ、何人かの方から面白かったと言っていただきました。

Windows NT の祖先は DEC の VMS。では、Mac OS の祖先は?

Apple Lisa から iPhone, iPad までの変わらない思想

そこで「第3弾です」と言えるほど内容的に深くはないのですが、もう少し歴史を遡ってみました。

Xerox はコピー(最近では複合機)の会社ですが、コンピュータの歴史に大きな影響を与えています。そのひとつが、シリコンバレーにある Xerox Palo Alto Research Center (PARC) で開発された技術をもとに作られた、Xerox Star ワークステーションです。Wikipedia によると 1981 年に発表されたようです。Star には Mouse, Bitmap Display, Ethernet, Icon, WYSIWYG (What You See Is What You Get) などの当時の最新技術が搭載されていました。日本では、1983 年前後に JStar という名前で発売されて、私は幸運にも Xerox のショールームで、グラフィックを使ったデモデータを入力するというアルバイトで、実際に実物を使って作業をする機会を得ました。

Star は、ワークステーションと呼ばれていましたが、Xerox らしくドキュメントの作成と管理に特化したコンピュータで、ファイルキャビネット、フォルダー、ドキュメントなど、本物のオフィスと同じメタファーを用いたユーザインタフェースによる使い易い環境を提供していました。当時は、まだ Windows などなく、コンピュータの操作は、文字ディスプレイにキーボードからコマンドを入力することが当然だった時代において、Star は大きな衝撃を与えたと思います。

最近、富士ゼロックスが開発したドキュメント・ハンドリング・ソフトウェアの「DocuWorks」を使う機会がありました。「DocuWorks」はできるだけ、紙と同じ感覚で使えるようなソフトウェアという思想があり、実際に使ってみると Windows が扱うファイルと、DocuWorks が扱うドキュメントには大きな違いがあるということが良くわかります。

たとえば、配布される紙のドキュメントには、Word で作ったものと Excel で作ったものが混在していることはよくあることですが、ファイル形式が違うファイルを統合して扱うことは、考えられていません。DocuWorks はドキュメントが原点なので、当然のことながら作成ソフトに依存することなく自由に組み合わせたドキュメントを作ることができるのです。また、紙と同じように、書き込みをしたり、付箋を付けたりすることができ、デスクトップ上に並べた文書にも、書き込みや付箋が見えるというのも面白いところです(下のスクリーンショット参照)。

Docuworks2

富士ゼロックスは、API を公開するなど外部のソフトウェアや機器との連携を強化しているようですが、ユーザインタフェースは独特です。DocuWorks の世界観の中では、まとまっているのですが、Windows のアプリケーションの一つとして評価したり、他のアプリケーションと一緒に使おうとすると、違和感があります。特にキーボードショートカットは直感的でない (Windows と違う) ことが多いので、たとえば自分で定義可能にするなどの方法が必要だと思います。DocuWorks は、特にコンピュータの専門家でない方々からの評判が良いようなので、バージョンアップによってユーザインタフェースを変えにくいという事情があると思われますが、先進ユーザにとっても使いやすくあって欲しいと思いました。

Comment(2)

コメント

カワウソ

はじめまして。
現在フリーですが、わたくし長く某社に勤務しており、Starも10年近く業務(主にDrawingツールとして)に利用しておりました。
ご指摘の点に関しまして、開発者からコメントがあったわけではありませんが、私も賛同いたします。
ただ、1日研修(開発部門の社員向けDocuWorksオペレーションコース)のときにしつこい位に「紙を電子空間に置き換えることがDocuWorksの大変重要なポイントでありポリシーである...」の、ようなことを仰って(DocuWorksのことになると目つきが変わる、熱いハートの片です。)いました。
こうした経験や、アランケイの「DynaBook」を読む限り、まずDocuWorksの現在の左ペイン(対象:外の空間)が3次元化され、あわせて右ペイン(手元の空間)も3次元化。左ペインに「HTML」をPuruginれれば、様々な意味においてフィジカルなメディアの終焉を一気に加速させるように思います。
ご指摘のようにAPIは公開されていますし、非常にプレーンかつピュアなソフトですので、「検索を...」やセキュリティは、後から考えればよいことです。
でも、これってある意味で他のベンダーさん(M社,A社,S社,O社、etc...)にとっては、絶対に知られたくないパースペクティブなコトなのかもしれません。

最近、iPhoneにシンセのアプリを入れてびっくりしたのですが、今度AKAI(スレテオ&楽器メーカー)さんより、そのiPhoneをマウントして使用するキーボードが出るそうです。
米国のショウにおいても大絶賛されているようですが、これってコペルニクス的発想ですよね。
全てチェックしていませんが、少なくともギター・トロンボーン・ピアノ・ドラムシンセ・etc...が、MIDIで演奏できてしまう(楽器ひとつにつき数百円で...)ことですもんね。

私も永くギターを趣味としてきましたが、インターフェイスのみならず音色や弦楽器特有の癖までも、全く違和感を感じません...というより、年甲斐も無く「時間を忘れてのめって」しまいました。

既にお気づきでしょうが、iPhoneによってApple(正確にはジョブズ...)は次世代型のコンピューターサービスを構築しました。
あの板(iPhoneやiPad)がユビキタスコンピューディング(Mark Weiser)であり、DynaBookであるように思います。

全て大昔から、「色即是空」であり「是空色即」でしかないのですから...
アランはDynaBook書く前に「般若心境」読んでれば、あんなに悩まずすんだような気もします。

最後にSqueakが、まだ正しい認識の仕方に基づく使われ方がしていないように思います。
私も最近までプライベートに時間を割く余裕が無く、手をつけませんでしたが、これからは仕事にどんどん役立てていくつもりです。

長々と失礼いたしました。

カワウソさん、
コメントありがとうございます。iPhone, iPad は Dynabook であるという見方は、興味深いですね。Xerox が作った、Bitmap Display や Mouse を Lisa, Macintosh で実現したわけなので、iPhone, iPad の起源が Dynabook だと言われると納得してしまいます。Xerox の影響力のすごさを感じます。

コメントを投稿する