オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

グランドデザイン&カンパニーさんと協業を発表しました、iPhoneマーケティングで。

»

 

7月31日、モバイルマーケティングのグランドデザイン&カンパニーモディファイで、共同事業発表会を行った。

iPhoneを軸に新しいモバイルマーケティングを行っていく。今は具体的な案件をいくつか追っており、同時に汎用的な価格やソリューションの体系を早急に策定中だ。

グランドデザインはモバイルサイトの開発、SEO、サイトの運営管理、セールス支援などをパッケージとして、月額料金と成果報酬型のソリューションを提供している。

いわばモバイルのプロだ。だが、iPhone(およびその後に続くクローン機体群)はいままでの日本式のケータイではない。
そこで僕たちの出番がある。モディファイはMODIPHIエンジンという分散型・クラウド型のオンデマンドデータベースをもち、PCのWebからコンテンツを抽出してモバイルに吐き出すことができる。同時に、iPhoneの特質(画面の大きさ、タッチパネルならではのタップ操作、タブブラウザではないモバイルsafari、など)をよく鑑みたうえで設計したオリジナルのUI(smUi と名付けた。Smart Modiphi User Interface)を持っている。

そこで、グランドデザインが持つ深いノウハウと、日本のケータイの”文化”に精通した経験にアドオンする形で、モディファイのテクノロジーが融合し、PC、ケータイ、iPhoneを包括した、総合的なモバイルマーケティングを実現していくことになった。

詳しくは、近々に両社共同Webページにて公開をしていく予定なので、ご期待ください。 

 

 

余談だが、日本の携帯電話市場の特殊性を僕がガラパゴスと評したのは3年ほど前にさかのぼるのだが、いまでは誰もが口にするようになっている。ところでガラパゴスには陸イグアナと海イグアナがいるのをご存知だろうか?

陸イグアナは当然陸に棲む。彼らは木になったサボテンの葉を食べるのだが、爪が短いので木には登れない。だからひたすら木の下で葉が落ちてくるのを待つ。

海イグアナは海に棲む。彼らは海に潜り、捕食する。そのために鋭く長い爪を持っている。両者は通常交わることがない。

最近、地球温暖化の影響で、陸にはサボテンが減り、海には魚が少なくなった。その環境変化のもとで、なんと陸イグアナと海イグアナの中で交配するものが現れたそうだ。そこで生まれたのがハイブリッド・イグアナである。
彼(彼女かもしれない)は陸に棲むが爪が長い。種の違う両親の特長を併せ持つ。彼はその爪を使って木に登るのである。だから、積極的にサボテンの葉を捕って食べられるというわけだ。他の陸イグアナ達は、彼が取りこぼした葉を争って奪い合う。おこぼれを食べるのである。

ハイブリッド・イグアナは、環境の激変に応じて進化したイグアナだ。だから、彼は厳しい環境の中で生き残れるのかもしれない。

しかし、海に棲まないから海イグアナとは暮らせない。陸には棲むが、他の陸イグアナからは遠ざけられて、群れには一緒には棲めないらしい。つまり孤高の存在となっているとのことだ。

何が言いたいのか?お分かりとは思うが、敢えて言うならば、iPhoneはPCとケータイのハイブリッドだ。 いまはその違いを恐れられるだけかもしれないが、やがて生き残るのは彼らなのである。

 

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する