オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

シンプルなFeedリーダーを作ります、というちょっとした宣言

»
modiphiブランドで、Feedリーダーを作ることにした、とは前回のエントリーで書いた通り。


■ 過去3度のFeedリーダー作り

実は僕がFeedリーダーをプロデュースするのは4回目になる。
最初は日立時代のSonarという、社内専用の、セマンティックイントラネット構想の中核として考えたFeedリーダーを作った(プログラマーはわずか一人。優秀な人間が作ると、人月計算なんてまったく意味がなくなるということだ)。

次は、cybozu.netの初期バージョンとして。Feedリーダーというよりも、Feedリーダーをベーストしたビジネスポータルを作ろうとした。

残念ながら諸処の事情でこのトライアルは中断してしまったので、再度挑戦したのがfeedpath。基本的な設計方針は最初のSonarから変わらず、時間の経過やRSS自体の普及につれて、仕様は変化したものの、大量のデータをなるべく一気に読めて、さくさく動くシンプルなリーダーでなくてはならない、という方針は一貫して持ち続けた。


ポルシェはいまやいろんなパッケージ(シャシーやエンジン形式、エンジンマウントの方法など)の車を作っているが、創業当時からこだわってきたのは911だろう。911とは、空冷6気筒エンジン(いまはもう水冷だが)をリアに積んで、後輪を動かす(今はこれも4WDになったが)、といういわゆるRRドライブというパッケージだ。これにターボをつけると、僕らがよく知るポルシェ・ターボとなる。ポルシェファンの黄金律であり、他のパッケージでの車を作ろうが、ポルシェ イコール 911だ、と言っても過言ではないだろう。

僕にとってはSonar > cybozu.net > feedpathまで、一貫して採用してきたスタイルは、911と同じで、僕が考える理想のFeedリーダー(もしくはFeedを取り扱うためのWebアプリケーション)パッケージだったのである。具体的には以下のようなスペックだ。

  • ジャバラ形式で本文を読める
  • 未既読管理を動的に行う
  • アイコンなど極力使わず、記事に集中できるようにする。
  • 内容毎にフォルダ分けして、まとめ読みさせる。
  • Feedのソース(Blogなど)を意識させず、時系列やカテゴリ別などによってまとめて読ませる
  • (特にfeedpathで)サイドバーのフォルダの位置を固定せず、新着がある順に動的に上位に移動させる

僕がfeedpathをリリースしたときに、iTunesを意識していると言ったら(Feedリーダーと音楽管理ソフトに何の関係がある、と)嘲笑されたが、iTunesはCDアルバム名やアーチストごとに曲を聞かせるのではなく、CDの中で整理された楽曲をいったんバラバラにして、違うアルバムやアーチストの曲全体の中での関連性から、最適な組み合わせを提案してくるという、画期的な音楽の流し方をしてくれた、革新的なソフトだ。いわば、DJに選曲を任せてしまうのに等しい。(この機能はパーティシャッフルと呼ばれる)
僕のFeedリーダーの設計方針としては、Feedリーダー側に読むべき記事の選定を任せてしまう、フィードシャッフル機能を実現することだったのだ。



■ 新しいパッケージの開発へ

今回、僕は限られた予算の中で、新しいFeedリーダーを改めてリリースすることに決めた。ほんと、いまさら、と思う。
ただ、僕にとって911にも等しい、黄金律を捨てて、新しいパッケージを使ってFeedリーダーを作る。大量のデータをなるべく負荷なく読めるようにする、ということでは変わりはない。

基本的な考えはこうだ。

  • ジャバラ形式ではない
  • 未既読管理をしない(負荷が大きすぎて今の僕の環境では無理、ということもある)
  • フォルダ分けをしない
  • 新着順にとにかく全てを見せる
  • ページ遷移をしない
  • 視線を惑わすような色やアイコンや意味のない画像は置かない
  • 記事を読むためのクリック数を極端に減らす


過去の経験を踏襲している部分もあるが、これまでの僕の「911」 ではなく、新しい考え方のもとにFeedリーダーを作る。
Googleリーダーをいまは使っている僕であるが、正直全く満足できない。新着情報、更新情報をとにかくカンタンに読む。時間を節約しつつ、効率的に欲しい情報を得る。こんなささやかな希望をかなえるために、やっぱり自分でトライすることにした。


現存するFeedリーダーをお使いのユーザーの皆様には、これでFeedリーダーと言えるの?とだめだしをくらうかもしれないが、ある意味画期的なアイデアであると密かに思っているので、ぜひとりあえずツッこむ準備をしながら(笑)お待ちいただければ幸いです。

OPMLなど、現在のFeedリーダーからの移行措置や、高機能なリーダーであれば当然ついてるよね、という機能については、最初のバージョンではなかなか実装できないかもしれないと思うが、限られた時間と限られた予算の中で、考えに考えた優先順位のもと、まずはこんな感じ、というものを早めにだすつもりだ。


ご期待?ください。







  generated by feedpath Rabbit
Comment(5)

コメント

jun

完成を楽しみにしています!

こんにちは。以前feedpathリニューアルに関する記事でコメントした者です。

私は結局、今もfeedpathを使っています。Google Readerも試したのですが、どうも気に入らず、また他のフィードリーダーも見つからなかったので。
あと、いくつか改善して欲しい点をfeedpathに送ったら、改善してもらえ、多少使いやすくなったので。

>アイコンなど極力使わず、記事に集中できるようにする。
>視線を惑わすような色やアイコンや意味のない画像は置かない。

この点は、今のfeedpath開発者の方も参考にして頂きたいです。どうもこの点が、今でも気になるので。

新しいフィードリーダー作り、期待しています。 (^^)

孔明

この記事をみてうれしい&ドキドキしています。
期待しております!!

孔明

この記事をみてうれしい&ドキドキしています。
期待しております!!

こんにちは。
上記の私のコメントで「『アイコンなど極力使わず、記事に集中できるようにする。』『視線を惑わすような色やアイコンや意味のない画像は置かない。』に賛同したからかも・・・」なんて思わず思ったのですが(実際はそうじゃないと思いますが (^^; )、先日のリニューアルで、feepathのフィード表示画面からずいぶんアイコンや目立つ色がなくなっていました。とても見やすくなっただけでなく、動作も機敏になった気がします。

コメントを投稿する