オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

My MacBook Pro meets Win XP

»

ITmediaの記事によるとIntel Mac上でMac OS XとWindows XPを併存させるソフトのベータ版「Boot Camp」のダウンロード提供を開始した。
Bootcamp
早速ダウンロードしてみて、愛機MacBookにインストールしてみたが、あいにくWin XPのインストールディスクを持っていないので、まだ試していはいない。要は、自動的にHDD内にパーティションを設けてWindows用のディスクスペースを作るというもの。

WindowsユーザーからMacへのスイッチを推進するために障壁となるのは、既に日々使うソフトウェアの問題ではない。Web2.0時代においては、作成されたデータにはほぼ完全な互換性があるからだ。
むしろ最大のバリアは、企業内のパソコンがほぼ全てWindowsという環境であるという事実であると僕は思う。家のパソコンだけのことであれば、好きなものを買えばいいのだが、オフィスとの環境が異なることは、どうしても心理的な負担をユーザーに強いる。
CPUがIntelになり、Windowsもインストールできるということであれば、たしかにまだ(OSを余分に買わねばならない分)コストは高くつくが、それでもIntelMac、特にMac miniには大きな機会が広がり始めていると考えていいだろう。

いよいよAppleはMSに対して衣の下の鎧を見せ始めた。MSは対Google戦況の不利に加えて、Appleの侵攻をいかに止めるか頭を悩ませることだろう。Vistaがクリスマス商戦に間に合わないことで、Appleは「Boot Camp」のベータ公開に今踏み切ったのかもしれない。

Comment(1)

コメント

一見さん

逆に、Boot Campが登場することでMacユーザがWindowsにスイッチするという可能性のほうが高いような気がします。
もしくは、Mac OS Xの開発をストップさせるきっかけがほしいのかも。
「これからはWindowsを使ってくださいね」という感じで。

コメントを投稿する