オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

Google vs Microsoftの戦いは、イントラネットを崩壊させるか?

»

GoogleがオンラインワープロサービスのWritely(Upstartle社。詳しくはこちら)を買収したことについては既に触れた。

実は拙書『Web2.0 BOOK』(現在売り切れで増刷待ち)のP176 - 178で、MSがGoogleやその他のWeb2.0的挑戦者との泥沼の戦いに引きずり込まれることを指摘しているが、それが早くも明快になったと言える。

また、P178 - 180では、こうした戦いの結果、イントラネットとインターネットとの垣根が崩れていくと予言している。その過渡期としてイントラネット2.0(Web2.0的技術やサービスの強い影響を受けたアプリケーションがイントラネット市場を席巻する状態)があるとも書いている。
事実、Web型グループウェアのネオジャパンは、Ajaxによるリッチインターフェイスを持つグループウェアのリリースを発表しているし、米ZimbraはMS Outlookに酷似したWeb型コラボレーションツールの開発で巨額のVC資金を得ている。また、社内SNSやイントラブログといったシステムの台頭は、イントラネット2.0が インターネットにおける”Web2.0”の影響によって変化した結果である良い証左だ。

GoogleはWritelyをGmailのようにフリーサービス+広告モデルで提供し始めると思われるが、遅かれ早かれ表計算ソフト(Num Sumを買収する?)やオンラインカレンダー(自社開発?買収?)を提供し始めるはずだ。それはMS Ofiiceの領域を超え、MS Exchange(=グループウェア)への敵意をはっきりと見せることになる。それはたぶん今年中に明確になるだろう。

イントラネット2.0が過渡的であり、その後はインターネットサービス(つまりホスティングやASP)による企業ネットワークへとシフトすることはまず間違いない。問題はイントラネット2.0の期間がどのくらい続くか、である。僕は2-3年はイントラネット2.0といえる時代が続くと予想していたのだが、むしろ、もっと早くその先にあるイントラネット市場の崩壊が来てしまうのかもしれない・・・。

Technorati Tags: , ,

Comment(3)

コメント

先日、とある外資のベンダー担当者の方に話を聞いた際に、ASPはもちろん伸びてはいくだろうけれど、コンプライアンスの問題でデータを外部に置きたくない、とくに海外のデータセンターには置きたくないと考える企業もあるとか。イントラとインターネットの境目が、技術面ではなくこういった面から明確化する部分もあるかもしれません。

>koutaさん
もちろんそう考える企業も残るでしょう。多様性は常に存在します。
要はバランスで、現在はほぼ100%イントラネット利用の企業ネット
ワークが、今後数年間でどう比率を変えていくか、ということが
ポイントです。
なぜなら、市場そのものがシュリンクしたときに、イントラネット
ソフトのベンダーの生存競争が激化することは目に見えているからです。

しろ

社内が安全であると担保できるかどうか。
他方、サービスがダウンしたときの損害も計り知れない。
社内にサービスアプライアンスサーバを置いてキャッシュ中継する。
データは貸し金庫に。
くらいがが落としどころかと、ふと思いました。

コメントを投稿する