オルタナティブ・ブログ > データイズム >

記録するジャーナリズムから、測って確かめるデータイズムへ

通信トラブル響いてFOMA契約数初の純減? いえ、Xiへのシフトです

»

読売OnlineでFOMA契約数、初の純減…通信トラブル響く? という記事が出て波紋を呼んでいます。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120208-OYT1T00148.htm?from=rss&ref=rssad

FOMA契約数、初の純減…通信トラブル響く? : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) via kwout

通信機能付き携帯型ゲーム機「プレイステーション ヴィータ」を発売した効果の反動  とか解説はありますが、読み手の印象を一番左右する見出しに、「通信トラブル響く?」と入れてしまうあたり、読売新聞の分析は浅はかと実感します。

実際のデータをグラフ化してみました。
Snap1502
情報源としたのはNTTドコモの発表データです。
http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ir/finance/subscriber/
赤い線のFOMAがいきなり大幅な純減で確かに注目ポイントです。ただ、12月のPlay Station Vitaによる一時的な伸びで見えにくくなっていますが、全体としてはXiへの切り替わりでFOMAが減ったと見るべきでしょう。
合計の数字に対する、累乗の近似曲線を追加しましたが、大筋伸びているとはいえるかと思います。

また、PSVITAで一気に伸びた通信モジュールやプリペイドの契約もあります。

いずれにしろPSVITAという波乱が大きくて何があったのか数字だけではわかりにくいのですが、「通信トラブル響く?」とかいう見出しはちょっと見識を疑われるところでしょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する