オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

【速報】 米国モバイル位置情報アプリはすでに7000種超!そのアプリ・トレンドを調査する

»

2010年,キラーアプリの最有力候補は「位置情報を活用したモバイル・アプリケーション」だ。

今年の元旦にアップした記事,「米国専門家36人によるトレンド予測 ~ 2010年,ソーシャルメディアはどうなるか?」 でも,多くのプロフェッショナルが位置情報アプリのプレイクを予言している。参考まで,その関連部分を以下に引用しよう。

■ ソーシャルとモバイルの融合,位置情報とARがブレイクする

  • モバイルはソーシャルメディアのライフラインとなるだろう。
  • ソーシャルネットワーキングはモバイル分野で最も成長し,モバイルインターネットを牽引するだろう。
  • ソーシャルゲームと仮想通貨はソーシャルメディアサイトにとって利益をあげる手段となり,主要プレイヤーはモバイルペイメントの好機をつかむだろう。
  • スマートフォンによるGPS普及により位置情報共有サービスがブレークするだろう。TwitterとFacebookの位置対応につぶされなかったらだが。
  • ARはオンラインとオフラインをクールに結びつけるだろう。
  • ARによって消費者はどこにいても自分の興味のあるものを見つけて購入することができるようになるだろう。
  • ARとモバイル・ソーシャルメディアにより,現実の世界が再び重要になるだろう。
  • ネットショッピングの時に安全性に疑問を持ったように,2010年は位置情報の安全性に注意が向くだろう。

 
さて,このモバイルベースの位置情報アプリケーション(米国では,LBS: Location Based Service もしくは LAA: Lacation Aware Apps などと言われ始めている)だが,Skyhook社最新データによると,現時点ですでに iPhoneアプリが6000超,Androidアプリが900超,BlackBerryアプリが300超とかなりのハイペースで増加している。

Lba2

この図は,毎月の新しい位置情報アプリ登場数をあらわしたものだ。

2008年7月,GPSを搭載したiPhone3Gとともに位置情報アプリは登場し,2009年6月,iPhone3GSが地軸センサーを備えた電子コンパスを実装したことで世界カメラなどのAR(Augmented Reality)アプリがブレークしはじめた。

【参考記事】
iPhoneとSekai Cameraが牽引した,AR市場の爆発的な成長予測 (2009/11/27)
AR(拡張現実)iPhoneアプリのまとめ - 全24アプリ (2009/12/10) 

Lba3

この図は,現在7000種類以上ある位置情報アプリは,米国3大プラットフォーム(iPhone,Android,BlackBerry)において,有料(青)か無料(赤)かをあらわしたものだ。

有料率が高いほうから,iPhoneが75%,Androidが20%,BlackBerryが58%となっている。

この中で米国3大プラットフォームすべてに対応しているメジャー位置情報アプリは全部で43種類(2010/2月調査)ある。ただしプラットフォームによって価格に大きな差があるのが特徴だ。典型的な有料アプリを3種類ピックアップすると次のようになる。

Lba4

  • Trimble AllSports GPS  -  iPhone: $4.99 / Android: $9.99 / BlackBerry: $19.99
  • Zagat to GO   -  iPhone: $9.99 / Android: $9.99 / BlackBerry: $19.99 
  • Wikiango  -  iPhone: FREE / Android: $14.73 / BlackBerry: $19.99

興味深いのは,すべてのアプリがプラットフォームによって価格を変えていることだ。これは他分野でも同様だが,10万種以上のアプリを品揃えしているiPhoneプラットフォームでは特に低価格になる傾向が強い。

ちなみに,これら43種類のクロスプラットフォーム・アプリを分野別に分類したものが次のグラフだ。
Lba1_2

ソーシャル・ネットワーキング,ライフスタイル,トラベルが三種の神器であること,さらに幅広いジャンルで位置情報が活躍しはじめていることが見て取れる。

最後にこれら43種類のアプリの一覧表を掲載したい。

Lba5
(クリックで拡大できます)

 

この記事をtwitterでつぶやく ⇒ この記事をつぶやく   このブログを購読する ⇒ このブログを購読する

 

【自薦記事】
Facebook ビジネスモデルを徹底分析 ~ mixi,モバゲー,GREEと比較 (1/31) 
企業Twitterは「顧客-社員-経営者」を結ぶ情報パイプラインとなる (1/20) 
Twitter Connectが登場する前に,Facebook Connectの概要をまとめておこう (1/19) 
GREEオープン化とは? コネクト技術詳細とmixi/モバゲー/Facebookとの比較 (1/13) 
Google vs Apple vs Microsoft ~ ひと目でわかるモバイルOS戦争の構図 (1/3) 
米国専門家36人によるトレンド予測 ~ 2010年,ソーシャルメディアはどうなるか? (1/3) 
Googleは20%ルールによってイノベーションのジレンマを回避している (12/21) 
【2009年11月最新版】直近決算発表に基づくmixi,モバゲー,GREEの業績比較 (11/12) 

 

【自薦シリーズ記事】
米国ザッポス「顧客にWOW!をお届けする」奇跡の経営,その本質を探る (12/5) 
企業Twitter開局大作戦 ~ 「第一話 Androidタブレットを販売せよ!」 (1/9) 


【ブックマーク・トップ3記事】
1位 Google Readerであらゆるページを購読可能に ~ 自動RSSフィード生成機能 (1/26) 
2位 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃 (12/30) 
3位 mixi,モバゲー,iPhone 徹底比較 「どのアプリが一番儲かるか?」 (12/1) 

  

斉藤Twitter。ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
ループス社Twitterアカウントはこちらです。 http://twitter.com/LooopsCom
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する