オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

【速報】早くも登場,Twitterのリスト・ランキング。No1はオバマ大統領,No2は意外にも・・・

»

Twitterのリスト機能が一般ユーザーに行き渡ったのは先週金曜日。
この週末をつかって独自のリスト作成をはじめたユーザーも多いようだ。

【twitterのlist機能】効率よく使う為の分類方法を考えてみた (nanapi,2009/11/1)

リスト活用はまだ実験段階だが,例えばこのブログでは (1)見る頻度 (2)リアルなつながり (3)自分の趣味・嗜好にあわせた分類 でのリスト化を提言していてわかりやすい。

またリストされた人数は,フォロワー人数にとって変わり,Twitterにおける影響力を端的にあらわす指標となるのではないかとの観測も広まりはじめた。

Twitter のフォロワー数が重要ではなくなる日 (シロクマ日報,2009/10/18)

さてここからが本題だ。では現時点で世界で一番リストに入っているTwitterユーザーは誰だろうか?
その素朴な疑問に答えるべく,The Bivings Reportは10月31日時点の世界リスト・ランキングを発表した。

Using Twitter Lists to Judge Influence (The Bivings Report, 2009/10/31)

下記の表はこの記事から引用したランキング表だ。

Twitter User Followers Rank Listed Rank Difference
Barack Obama 7 1 6
Pete Cashmore 31 2 29
CNN Breaking News 4 3 1
Ellen DeGeneres 3 4 -1
Taylor Swift 33 5 28
John Mayer 9 6 3
Ashton Kutcher 1 7 -6
Britney Spears 2 8 -6
A Googler 23 9 14
Twitter 5 10 -5
Oprah Winfrey 10 11 -1
The Onion 21 12 9
Perez Hilton 40 13 27
The New York Times 18 14 4
Shaq 11 15 -4
Rainn Wilson 41 16 25
Jimmy Fallon 14 17 -3
Ashley Tisdale 16 18 -2
Ryan Seacrest 8 19 -11
Felicia Day 49 20 29
Lance Armstrong 15 21 -6
Lily Rose Allen 30 22 8
Coldplay 17 23 -6
Al Gore 22 24 -2
Demi Moore 12 25 -13
Pete Wentz 32 26 6
TIME 27 27 0
Kim Kardashian 6 28 -22
Sean Combs 13 29 -16
Ashlee Simpson Wentz 24 30 -6
Mariah Carey 19 31 -12
Chelsea Lately 29 32 -3
NPR Politics 35 33 2
Mandy Moore 42 34 8
Tony Hawk 25 35 -10
Martha Stewart 34 36 -2
People Magazine 39 37 2
E! Online 28 38 -10
Dr. Drew 36 39 -3
Sara Bareilles 38 40 -2
NBA 43 41 2
Dre’ 26 42 -16
50cent 20 43 -23
Tony Robbins 50 44 6
John McCain 45 45 0
Downing Street 48 46 2
Whole Foods Market 44 47 -3
BBC Click 47 48 -1
Hammer 37 49 -12
Brooke Burke 46 50 -4

この表は,発表されているTwitterのフォロワー数トップ100位のユーザーを対象としてリスト数を調査し,即席のリスト・ランキングとして順位付けしたものだ。一番右の列は,フォロワー数とリスト数のギャップをあらわしている。

第一位はやはりオバマ大統領,世界で最も影響力の強い人物が順当にランクされた。第二位にはソーシャル系ブログメディア"Mashable"のCEOであるPeter Cashmore氏が,また第三位にはCNNがランクインした。フォロワー数においては知名度にものをいわせたセレブリティが圧倒的に強かったのに対して,リスト数ではそのTweetのコンテンツ価値が重要となっているようだ。特にMashableのように「エッジの効いた」コンテンツはリスト化されやすい傾向があるのだろう。

この記事についている多数の読者コメントを読んでみると,現時点ではフォロワー数よりリスト数の方がTwitterにおける影響力を的確にあらわしているという意見が多い。が,一方では,現在のリスト機能では無制限にリストを作成できるため,スパムによる擬似リストが出てくる日も近く,結局,リスト数もフォロワー数と同じくそれほど重要な指標にはなりえないと予測する意見も複数見受けられた。

なお,Twitterフォロワーのトップ50ユーザーは日本人には聞きなれない人物が多いが,筆者記事ではWikipediaリンクをつけているので参照してほしい。

【速報】TwitterとFacebook,そのトップ50ユーザーのリスト比較 (人名索引つき)

【追記】
さっそく今日の記事で小林さんがリスト系スパムに言及しています。注意しないといけませんね。
Twitterのリスト機能、さっそくスパムのターゲットに (シロクマ日報,2009/11/2)


筆者Twitterです。 ご意見,コンタクトなどお気軽にどうぞ    http://twitter.com/toru_saito
こちらもよろしければどうぞ。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する