オルタナティブ・ブログ > 小池良次の米国情報通信ブログ >

米国の通信業界を主体に、最新ITトレンドを追う

NGNに関する日米比較記事

»

NGNに関する日米比較記事を日経ネットに書きました。
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITbo000014122006

前半はNGNとIMSの関係について、後半は融合サービスのおけるユーザビリティー問題について解説をしています。

世間では、相変わらずのNGN/IMSブームですが「マイクロソフトのエグゼクティブがITUで『IMSブームも良いが、そろそろSDP(サービス・デリバリー・プラットフォーム)で具体的な成果を出すべきだ』と吠えた」とのニュースがあります。

NGNではとかく放送と通信の融合(SIP革命)が注目を集め、アプリケーションと通信の融合は騒がれません。そこでSDPについても、もっと議論しようとITUで話したようですね。この部分は、今回の日経の記事には書いていません。

とはいえ、コンピュータ・アプリケーションで競争力のない日本は、SDPでも米国の後塵を拝するのでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する