オルタナティブ・ブログ > 日本のITは世界を制す!? >

プロダクトマネジメントとイノベーション

NetSuiteよ、お前もか

»

先週、ERPのオンデマンドサービス会社であるNetSuite社がIPOを申請したとのニュースが流れました。

Netsuite 記事を読んで驚いたのは、同社は06年度に2340万ドル(約28億円)の赤字を計上し、累損も1億9300万ドル(230億円)に達する巨大な赤字企業だったことです。SECの申請書に記載されているコスト構成を見ると(右図)、粗利を上回る販売管理費が利益を損ねていることが一目瞭然です。SaaS分野の双璧を成すSalesforce.com社も販売管理費が利益を圧迫しています。利益が足りないのか販売管理費が多いのか・・・。(ただし、Salesforce.com社は直近の四半期決算で黒字を計上)

SaaS分野をリードすべき2社がこのような財務体質を持っていることについて、弊社を含め、日本で同様のサービスを展開、もしくは検討している企業は大いに危惧すべきと思います。

ところで、NetSuite社のIPOについては日経新聞にも記事が載りましたが、内容は上記の財務体質の話ではなく、OracleのLarry Ellison氏とその家族(息子、娘)が同社の74%の株式を握っていることでした。Netsuite_shares Oracle社とNetSuite社は市場で競合する企業である、両社をIPOすることは、互いの株主の利益を損ねることを同時に行うことだ・・・というものです。ちなみに、NetSuite社の幹部は元Oracleの人たちですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する