オルタナティブ・ブログ > Chris Dingの思惑ブログ >

Think Smart/ do what computers do not

企業顧客間コミュニケーションを重視するオラクル

»

Live800サービスを推進する上で、企業顧客間コミュニケーションについて興味を持つようになった。

ネットで「企業顧客間コミュニケーション」を検索したら、

日本オラクル、顧客コミュニケーションの仕組みを刷新

というニュースリリースに引っかかった。リリースの時間はとても古くなんと2003年。

提供するサービスは次の通り

1) 電話(フリーダイヤル0120-155-096)による製品やソリューションのお問い合わせ対応
2) メール、ホームページ(http://www.oracle.co.jp/contact/)を経由した製品、ソリューションのお問い合わせ対応
3) オラクル製品を駆使したダイレクト・マーケティング
4) 電話、メールによるソリューション・セールス(顧客相談型営業)
5)「iSeminar」によるオンラインセミナーの実施
6) デモンストレーションをオンライン提供する「Solutions Factory」機能の実装(今春より予定)
7) 提案書の提供(今春より「Oracle Proposals」ソフト実装により機能拡張)
8) 見積もりの提供
9)「OracleDirect」ホームページをナビゲーションするとともに、「OracleDirect」からの電話アクセスを時間指定にて請求できる「コンシェルジェ」機能の実装

利用方法は2つある

1.「OracleDirect」のフリーダイヤル(0120-155-096)による電話アクセス
2. http://www.oracle.co.jp/contact/の「コンシェルジェ」などにある「OracleDirect」への問合せフォームの利用

これだけのサービスだが、全て無料!素晴らしいサービスだと感心する次第である。

一般の中小企業は到底このような贅沢を望めない。だが、企業顧客間コミュニケーションを重視するなら、Live800というコストパフォーマンスのよい斬新なコミュニケーション手段がある。

Comment(2)

コメント

ご紹介いただきありがとうございます。

オンラインセミナーは、名称を変え「Oracle Direct Seminar(ダイセミ)」として月間80本程度のコンテンツに拡大しております。

お問合せいただける支援内容も、お客様のニーズに合わせて、従来のものに加えラインナップを増やしております。「Oracle Direct Concierge」

セミナーやご支援で取り扱うテーマも、ITに関連する方々へ向けた役に立つコンテンツをモットーにしています。

宣伝のようになってしまい申しわけありません・・

林様

情報をアップデートいただき、ありがとうございました。

コメントを投稿する