オルタナティブ・ブログ > 普通のおじさんとソーシャルメディア。 >

小さな会社のウェブマスターがパーソナルブランディングについてごにょります。

【思い知った】圧倒的であることって重要だなと。そう簡単にできませんが。

»

7649948952_5f192c9147_z.jpg

オリンピックを観戦していてよく思うこと。
世界チャンピオンとして実績のある人でも、オリンピックという瞬間においては、一瞬の隙をつかれて優勝できなかったり、まさかの一回戦で敗退ということも日常茶飯事です。

これって、まことに僭越ながら簡単に言ってしまうと、「圧倒的」でないからではないかと。

いくら魔物がいようが、その実力が他を圧倒していれば、勝利は揺るぎません。

これは何もスポーツに限ったことではなく、勉強でも、ビジネスでも、どんなことにも当てはまります。

実は最近、毎日ブログをアップするというチャレンジをしているのですが、毎日状況や環境は同じではありませんから、不測の事態に備えて、どうしても「記事のストック」が必要になります。

まぁ、簡単に書いてもたくさん書いてもOKという考えでやっていますので、ストックなんてひとつかふたつあれば大丈夫と思っていたのですが、文具ブログ仲間の小野さんに、
「高木さん、ストックは圧倒的に持っておかないとダメだよ。」
と言われたんですね。

確かに短期の中途半端な目標でなく、長期にわたってブログを書き続けるということを達成するためには、「圧倒的な備え」は絶対に必要です。
特にこの歳ですし、いきなり倒れて一週間入院とか、そんなことも十分ありえますし。

やはり何でも、本気でやればやるほど、圧倒的であることは非常に重要なのですね。簡単ではありませんが、いつか「金メダル」穫れるように精進し続けたいと思った次第です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する