オルタナティブ・ブログ > 新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ >

~攻撃は最大の防御なり~正解のない対策を斜めから斬る

OpenOffice向けの「18ボタン+ジョイスティック」の付いたマウスって使いこなせるの(笑)

»

ブラインドタッチもまともに出来ない私には、こんな高性能なマウスを使いこなせないような・・・せいぜいスクロールのジョグくらいが精一杯です(笑)

OpenOffice.org向け「OpenOfficeMouse」は18ボタン+ジョイスティック搭載

OpenOffice.orgに最適化されたというマウスがこのたび発表された。このマウス、もともとはゲーム用に開発されていたということもあり、18個ものボタンに加え、側面にジョイスティックが搭載されているのが特徴(公式ページ)。

最近の高機能マウスでは多くのボタンを備えているものが多いが、ここまでボタン数が多いと逆に使いにくそうな気も……。ちなみに価格は74.99ドルで、有線のUSB接続だそうです

OOMouse

http://warmouse.com/より

しかし、これを使いこなせるようになれば。。。無理かもしれません(自爆)

でも、仮に出来たとすれば、相当に便利になるような・・・気がします。気がするだけかも知れません。

操作を覚えるのに、どれほどの時間がかかるのかわかりませんが、良いのかもしれません。と。

ボタンの数が少ないのに、高機能を搭載すると、ボタンの押し方のパターンを覚えなければなりません。ファミコンのプロレスがそんな感じでした。技をかけるのがボタンを押す回数で決まるのです。腱鞘炎になりそうでした。当時結構面白かったです。

ボタンの数を増やせば、パターンを覚えるのは少なくなるはずです。が、どのボタンに何があるのかを覚えなければ。。。単に普通のマウスです。

ちょっと気になるマウスでした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する