オルタナティブ・ブログ > 新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ >

~攻撃は最大の防御なり~正解のない対策を斜めから斬る

医療に携わる人たちの「情報意識」病んでないか?と思う。(体験談その2)

»

前回の続き、その2です。一体、どうなっているのか?と、不安になります。内容が内容だけに、もっと神経質になってもらわないと、マズイのではないか?と思うのです。

医療機関の8割で患者データを紛失らしいが、しゃべる漏洩はもっとあるって(体験談その1)

医療機関は病んでいるのか?私は病気になったときだけは、医療機関のお世話になります。しかし病気になったときだけです。って、当たり前かもしれませんが。。。

前回の続きです。どうも、こんな機会に触れることが多いです、なぜ?そんなに多いのでしょうか?

 

別に好んでこんなことをしているのではありませんが、ちょっと問題とおもいます。
  • 場所:無線LANが便利なファーストフード店
  • 時間帯:夜も子供は寝るような時間 
  • キャスト:病院勤務の方

たまに行く、便利な場所。仕事の続きをちょっとしたいときには、とても便利な場所。インターネットも快適です。

そんな仕事の続きを・・・するつもりだったのが変わってしまったのでした。

時間にして30分程度。もちろん仕事もしましたが、一部ブログのネタ収集である「聞き耳」もしました。聞き耳を立てなくとも、10段階のボリュームだとしたら、7くらいの大きさでした。なので、本来したかった仕事は進みませんでした(笑)

・・・その方は相当に怒っていたようで、声はでかいし、マシンガントークが炸裂。店内でも目立っていました。みんなビックリしてました、私もビックリです。

医療機関でなくとも、どんな組織においても、内部の人間関係のトラブルやマネジメントに対する愚痴はいっぱいあるとおもいます。それ自体はここでの論点ではありません。

新聞紙上を騒がしている、企業の不祥事も目立ってきましたが、これも今にはじまったわけではありません。が、こんなにあったの?と思うほどに多くあります。

今回、ここに書くのは保険の不正請求を行っているような内容でした。これ、立派な犯罪と思うのです。

院長が・・・を連発しており、他にも個人名が4~5名あがっていました。

また、病院なんだなぁと思いましたが、ある一言で病院が特定。

虫歯・・・

これは間違いなく、歯医者でしょう。内科や外科の病院ではなさそうです。歯科衛生士なんて言葉も出てきました。

医療保険点数の話のようで、私は詳しくわかりません。新聞などで見る限り不正に請求され、患者も保険機関も損をし、医療機関は不正な収入を得ている、程度しか知りません。

初診料を取っている!

こんなことも言っていました。どうも再診で来ているのに、毎回初診料を請求しているような話なのです。その期間も範囲もよく知りません。

実際に私が感じることは、医療にかかる金額もよくわからず、点数などと言われても・・・ほとんどの方が同じだと思います。

なので、言われた金額を払うことになります。そんなの聞いてもわからないし。

しかし、これ立派な犯罪行為、不正請求。

モラル以前の問題が多すぎます。私がここで内部告発する話じゃないし、その役でもありません。

その方は告発すると言っていた。もちろん不正はイケナイ事だから告発すればいいし、するべきである。

ここで言いたいのは、法に触れるような事はもちろんイケナイのは当たり前。愚痴を言うのは、どこにでもあることです。

もっとTPOを選んで、話をするべき内容があることを、知るべきです。

一部には、患者さんらしき名前も実名であがっていました。個人の感情だけでここまで言って良いのでしょうか?

ここから学びたいことは、あなたは大丈夫ですか?

どこで、誰が聞いているかわかりません。こんな話から訴訟になった話を聞いたこともあります。

ちょっとは、気をつけたい行動です。これは、情報漏洩ってレベルの話ではありません。

・・・ちなみに、そのお店から近いところに住んでいるようでした。時間帯と会話の内容から容易にわかるものです。

最初はお店の近くに職場があり仕事帰りかとも思いましたが、職場も自宅も同じ地域のようでした。

う~ん。。。今一度、考えてしまう話でした。

筒抜けだ、そんなところで、話さない」: 情報セキュリティ標語より

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する