オルタナティブ・ブログ > 新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ >

~攻撃は最大の防御なり~正解のない対策を斜めから斬る

総選挙についての電話アンケートがかかってきた

»

昨日、某新聞社と名乗る選挙についてのアンケート電話がありました。3分程度と言うので、どんな質問の仕方をするのかにも興味があり受けました。

しつこい電話の撃退法には、セキュリティの基本も含まれていた(笑)でも書きましたが、今回は回答力は必要なく、質問力?アンケートの内容です。

選挙区ごとにコンピュータでランダムに抽出した電話番号にヒットしました!と、聞き方を間違えればアヤシイ感じがする匂いがしました(笑)

で。。。まずは回答者の大前提がありました。

その世帯の選挙権を持つ者で「年齢的に第二番目の人」という事でした。私はビンゴしました。

何で二番目の人なのか?よくわかりませんが、世帯内での影響力なども関係あるのか?と勝手に思ってみたり・・・

質問内容は、

・今回の選挙への関心度

・ニュースなどの選挙情勢が気になるか?

・これらの情勢が私の投票に影響するか?

・投票に行くor事前に(期日前)投票するか?

・特定の支持者はいるか?

・どの政党を支持するか?

・この選挙で日本が変わるか?

たしか、こんな内容でした。忘れてしまった質問もあるかもしれませんが、ほぼこんな感じです。答えに詰まったもの(言いたくなかったこと)は、無回答にしましょう!とのことでした。

あと、世帯内に電話回線は何本あるか?とも聞かれました。これも何かの意味があるのでしょう。

この回答中に、オペレーターの後ろの声にも、同じようなことが聞こえていたので、間違いないと思います。が、電話を切った後に、これ、ソーシャルエンジニアリングと同じだなぁ。。。と思ったのです。

例えば、この時期に選挙についてのアンケートを大手新聞社の名前で行えば、かなりの確率で不信感はなくなります。

しかし、いつものように逆から考えれば、一方的な電話だけで、これらの質問を受けることで、普段ならばあまり人にも言わないようなことでも、答えてしまう。相手が誰かもわからないのに・・・

これだけの質問だけでも、別な意図を持った収集する側にとっては、それなりに十分な情報収集が出来ますね。

旬なネタを使った犯罪など。。。定額給付金を狙った振り込め詐欺や、オレオレ系詐欺なども、話題のネタを使っています。前説の必要がないのと、知らないことではないので、不安がなくなる等の効果があります。

日曜日の夜に何かが変わるのかもしれません。そして大きな良き変化が訪れることを願っております。

Comment(2)

コメント

Toms

「女性(妻)」を想定しているらしい?
統計操作の一種?

陰謀論好きの人はそう言っているようです。
※某所のアンケートでは女性は男性と比べ民主よりという結果がでています。

Tomsさん、コメントありがとうございます。

>統計操作の一種?
妻の想定って、なるほどですね。
確かに、操作っぽくも思えます。ってことは私は役に立たなかったってことかも(自爆)

今回はどうか開けてみるまで解りませんが、よく聞くのは「直前の優勢」を見聞きして、浮動票が大きく逆に動くらしいです。
諸々の判断材料には必要ですが、自分を持った答えを各自が出さなければなりませんね。

コメントを投稿する