オルタナティブ・ブログ > ニュータイプになろう! >

もしも洞察力があったなら……。

【PR】組込みソリューション・セッションのご紹介(オラクル・オープンワールド)

»

オラクルは、デヴァイスやソフトウェアに予めデータベースなどを組み込んで、サードパーティと商品化する事業ユニットがあります。その名も「Enbedded Business Unit」、略してEBU。

このEBUでは、「Times Ten」や「Oracle Lite」など、データトランザクション処理をこなすシステムに適切なアプローチを施し、業務のニーズにこたえていこうとするものです。時には高速、時には軽量。組込みシステムとして構成することで、より完成度の高いパッケージを速やかに提案します。

オラクル・オープンワールドでは、この組込みシステムに関する最新動向をEBUの日本責任者の竹爪から投げかけをさせていただきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する