オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

日本マンガ学会大会と「僕らの漫画」

»

Photo会場で買った東日本震災復興支援チャリティーコミックと銘打った『僕らの漫画』(「僕らの漫画」制作委員会 2012年)は、2年前の本ですが、三宅乱丈、村上たかし、えすとえむ、ヤマザキマリ、喜国雅彦、さそうあきら、とりみきなど多くの漫画家が参加してます。誰の、とはいいませんが、いくつか「名作」といっていい作品があります。いいです。

京都精華大学と京都国際マンガミュージアムで7月28~29日の両日行われた日本マンガ学会第14回大会に参加してきました。ひとつは、うちのゼミの博士課程卒業生・可児洋介氏の発表「鶴見俊輔と石子順造のコミュニケーション論」(28日)があったので。発表は好評で、小野耕世さん、呉智英さん、村上知彦さんから「面白いね」との言葉を聞きました。うちの修士カ・ブンブンさん(冗談ではなくて、日本の漢字にない文字の日本語読みで、こうなっちゃう)のポスター発表もありました。
翌日のシンポジウム「震災とマンガ」は、正直疲れたので第2部「震災を描く」(しりあがり寿、とり・みき、山本おさむ、ヤマザキマリ 司会・藤本由香里)の前半を聴いただけですが、面白かったです。とくに、とりさん、ヤマザキさんの発言が印象に残りました。

大会の参加は、もちろん研究発表やシンポを聞くこともあるのですが、若い研究者、学生、そして昔からのマンガ研究仲間や先輩たちと会える、情報交換もできる、というのが楽しみです。呉さんと久々に楽しい歴史談義をしたり、村上さんと可児さんを含めて昔のマンガ批評言説の話をしながら「俺たち、もう歴史の一次資料になったんだねー」などといいあい、吉村和真さんと(今や京都精華大学のマンガ学部准教授)大学生の頃の彼から熊本で卒論の相談を受けた20年前の話を学生諸君の前でして、こんどカラオケしようぜって盛り上がったり、ひじょうに楽しく交流させてもらいました。もちろん、うちのゼミ生も若干きてましたが、ほんとは来たほうがいいだろう修士1~2年は来てなかったようです。こういう場が苦手な人もいるんでしょうが、無駄に思えるかもしれない場の交流って、じつは大きなモチベーションを与えてくれたり、ヒントを与えてくれたりするもんなんですけどね。まあ、京都に自費でこなくちゃいけないのは、負担でしょうが、残念なことです。

Comment(2)

コメント

村上知彦

お疲れさまでした。「俺たち、もう歴史の一次資料」はじつは、学会結成前の立命館の集まりでミヤモトくんの発表聞いた時から感じてることで、以後はけっこう自覚的に「資料役」を勤めてます。あと、吉村くんは准教授であるばかりでなく、いまや「マンガ学部長」ですよ!

夏目

>村上さん
僕もけっこう前からそう思ってます。すでに瓜生君の言説史的整理で、あ、もうこういうことなんだ、と感心しましたしね。吉村君は、たしか学部長だったという記憶はあったんですが、確認できなかったんで、書きませんでした。そうなんだよー、あの大学生が偉くなっちゃって(笑)。彼は「ほんとに生意気でした」っていってたけど、僕もそうだったし、みんな生意気だったんだよね。だから今でも、僕は生意気な奴けっこう好きなんだよね。

コメントを投稿する