オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

都条例「改正」についてのお知らせ

»

藤本由香里さん、ヤマダトモコさんのSNSでの発言を受けて、情報の広報をいたします。

「東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト」
http://mitb.bufsiz.jp/

コンテンツ文化研究会では、今日7日に緊急集会が行われたようです。
http://icc-japan.blogspot.com/2010/02/blog-post_27.html

※追伸 集会の報告のあるブログを発見。
「3日坊主のメイドさん」 http://d.hatena.ne.jp/marinba/20100307#20100307fn6

僕自身はこの手の問題にはどうも距離感があり、あまり正確な把握や判断に自信がありません。
ただ、この問題でいわれている「非実在青少年」規定、つまり18歳以上に見えないキャラクターの規制対象化と、単純所持の規制は問題だろうと思います。
海外での幼児ポルノなどへの対応は、幼児売春などの現実がある地域などと、日本とでは問題化の度合いは異なるでしょうが、海外に進出している現状を見れば、これらの問題をどう考えるかは今後もさらに問われるかもしれません。
文化と規制は歴史的にはつねに並行して存在する問題ですし、それがまったくない状態を想定するのも現実的とは思えませんが、それらの情報を関係現場があまり知らないまま条例が議決される現状も問題ではあります。マンガ、アニメ関係の現場はロビー活動のノウハウも蓄積もないようで、そのツケは回ってくるのかもしれません。僕は組織的に動くのは嫌いなので、個人でできることしか基本しないと思いますが、問題はたしかに問題だろうと。
というわけで、とりあえず広報でした。

Comment(12)

コメント

KONDO

漫画でお仕事をされている人が、聞いて呆れます。
「僕は組織的に動くのは嫌いなので、」なんて、
昭和な【オタク】のようなこと仰って、
長年漫画界の推移を見てきた人とは思えませんね。

JGH

屋台のメニューにステーキがない!と文句垂れるのは野暮だと思いますが。

bajitouhuu

“なに”が健全なのかというコトは難しい問題ですよね。
全く野放しにすると云うのもどうかと思いますが・・
こんな風に上から押さえつける形で、漫画やアニメの現場と相談する事もなく、条例だけ創ってしまおうと云うのは
理不尽で横暴なやり方だと思いますね。
少なくとも、そのやり口は、“健全”じゃない・・と。

あい

夏目さんレベルの方が組織的に動いた方がいいですよ‥ゼッタイ。その価値は夏目さんにとってもあると思います。

112

規制はこれで終わりませんよ。
なぜ他人ごとなのか、疑問に思います。
人によっては「絵柄」のみで漫画家を廃業せざる
危険性がありうるのですから・・・

一色紅

業界に深くかかわってる夏目さんに、当事者意識がまったくないことに、正直幻滅しました。
 今回の非実在青少年の件は、成年向けに限った話ではありません。国内で流通しているマンガ、アニメ、ゲーム、小説、映画、全ての製作物にあてはまります。
 当局が18歳以下に「見える」ものがキスや性交渉を「思わせる」描写がある、としたら即座に流通停止、発禁にできます。
 これは大規模な表現規制、言論統制です。

614nc0

これはオタク向け漫画や少年漫画だけの問題ではありません。
多くの出版社が漫画を出していますが、流通業者がある東京で発禁になるということは日本全国で売れないということです。
つまり出版社が傾く原因になるということです。

また、審査される対象はすべての漫画になります。もちろん夏目さんの作品も例外ではありません。
そして審査する側が「これは未成年が性欲を掻き立てる行為をする描写だ!」と言えばどんな漫画も発禁にできるのです。
なぜならその基準が数値のような誰でも同じ答えになるものではなく、感覚的な基準だからです。

この法案が成立してしまえば、日本の漫画文化は終わってしまいます。
夏目さんのような社会的にも重要な方が動いて貰えると心強いです。
どうかこの問題について何かしらのアクションをお願いしたい。

私は児童ポルノの問題には感覚的な基準ではない、それ以外の文化破壊をしない方法ですべきだと思います。
この法案には賛成する要素がまったくない。

614nc0

http://mitb.bufsiz.jp/
このサイトをご覧ください

この間違った表現規制に対して考えている有志の作ったサイトです。

614nc0

上のサイトはブログ本文にありました。
すみませんでした。

にんにん

夏目先生がこのようにブログを運営しているとは知りませんでした。
知ったきっかけがこのような内容の問題だということが残念です。
夏目先生の著書は多数拝見させていただいてます。(某TV番組も拝見してます)
なので皆さんもおっしゃってる「団体行動は苦手」という一文も納得できるのですが、この件に関してはさすがにそのようなことを言っている場合ではない。と思わざるを得ません。
私は親が手塚治虫先生や、美内すずえ先生などのファンであったため、物心付いたときには漫画を手にしておりました。
小学生低学年の時代には、分厚い「ブッタ」や「火の鳥」などを読み、たくさんの事柄を学びました。
当然、その中にも性や愛、死について様々な表現があったわけです。
だからと言って、それで当時性欲を掻き立てられていたか、性的な表現に過剰な偏見を持ったかと言われれば確実に「NO」です。
このことを公の人間が、ましてや学歴・キャリアが政治家と対等である夏目先生が声を大にして言わずにどうするのですか?
このままではドラえもんやエスパー魔美、ハレンチ学園・・・今までの過去の名作すら読むことができなくなるかもしれません。
夏目先生、お願いです。
私たちには先生の様なお人の後ろを支えることしかできません。
先生には押される側になっていただかないと本当に困ってしまいます。
そろそろ子供がほしいと考えている私は、将来子供に「ブッダ」や「火の鳥」を読ませてあげられないかも知れないというのがとても恐ろしいです。
おそらくは、漫画=子供の読むもの=それを読んでいる大人はくだらない人間と考えることしかできない、漫画を読んだことの無い政治家に、漫画の素晴らしさをいつものように説いて見せてください。
長文になりまして申し訳ありません。
これからも夏目先生のご活躍応援しております。

ゴド―

私はこの条例を知ったことが遅すぎたことを反省しています。ネットを使って情報を集めてみましたがこれはやばいほんとに。
 表現規制を視覚的表現だけに限定するのは、ナボコフの『ロリータ』など古典と呼ばれる作品も、もし小説まで規制対象としたら明らかに該当し石原氏の『太陽の季節』も間違いなく対象とされるからだと思います。
 このような条例を作ろうとしている人々にはまずもって漫画・アニメ文化への蔑視があり、ネットやコミケで情報交換したり、自ら創作したりというような、それらを受容する文脈への無知、無理解があります。
 この条例には沈思黙考してテクストと対話する「わたし」という黙読の作法「しか」知らない世代・人々(せいぜいテレビまで)の、漫画・アニメ・ゲーム等コンテンツの「受容文脈」と「受容している人々」に対する徹底した侮蔑意識が垣間見えます。青少年問題協議会メンバーである大葉ナナコはいわゆるオタクは認知障害であるという考え方を広められないだろうかというようなことまで発言している。メンバーのコンテンツ産業への侮蔑意識を裏づけているどころか認知障害者に対する差別発言でさえあります。
 テレビが出たばかりのころ「一億総白痴化」言説というものがありました。個人的に「テレビを見るのは人を堕落させる」と考えていることに問題があるとは思いませんが社会的、公共的な場で「テレビ規制しましょう」という人がいれば何かの冗談としか思えませんよね。私も今回の条例案は「ネタだろw」と思ってました。おそらく多くの人々がそう思っていたのでしょう。しかし「いや通りそうなんだけど」という情報を受け取ったとき、どういうことになっているのかわからなくてしばらく茫然としてしまいました。
 私も遅まきながら反対活動をしようと決意しましたが、ぜひ夏目さんのような影響力のある人にも動いていただきたい。お願いします。長文失礼しました。

カレルレン

あなたには失望した

コメントを投稿する