オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

京都国際シンポ終了

»

京都精華大学国際マンガ研究センター 第1回国際学術会議
「世界のコミックスとコミックスの世界 ー グローバルなマンガ研究の可能性を開くために」
http://www.kyotomm.jp/event/study/isc01.php

最後のセッション「ワークショップ4」の途中で失礼して帰ってきました。総合討議に参加できず申し訳ない。でも、集中力の限界でもありました。

とはいえ、この国際会議はおそらく日本で開かれた本格的なマンガ、BD、コミックスに関する学術会議として最大規模のものだったし、成功だったと思う。
知的文脈と言説空間、歴史の異なる者同士が共通の「場」をいかに作り上げうるかという困難を超えて、多くの議論可能性と課題、新たな視覚が次々と出され、参加した多くの研究者たちに貴重な「種」を宿して終わったと思う。その意味で素晴らしい場であった。

語りたいことが、それぞれのセッションについてもあるが、それ以上にグルンステン氏はじめ、多くの海外研究者と直接会話交流できたこと、未知の研究者とも話ができたことは、僕にとっても大きな財産となった。
前よりも英語の発言を聞き取ることができ、また積極的に海外研究者と英語で会話できたことも、僕には嬉しかった。あきらめず2年間(途中ちょっとお休みしたけど)英会話を続けてよかった。英会話の先生にも感謝を伝えよう。

余裕があれば、各セッションや話題についても書きたいが、今回はこれまで。とりあえず、この会議を苦労して開催にこぎつけ、大変な思いで進めてくれたジャクリーヌ・ベルントさん、吉村和真さん他、京都精華大学やミュージアムのスタッフの方々に深く感謝したい。
みなさん、ありがとうございます。

Comment(2)

コメント

村上知彦

総合討議、たぶんベルントさんの発案で、夏目さんの代わりにパネルに座ってくれないかと言われて、もちろん固辞(笑)。
休憩時間に小田切氏にそのことを言ったら「そりゃあいじめだ」と爆笑された(笑)。
けっきょくパネラーは全員海外からの参加者になり、ぼくは藤本さんとふたりで、日本側からの全体へのコメント風に、フロア発言の口火役をやることで許してもらった。
小野さんに倣って、ベルントさんからストップがかるまで、長々とコメントして差し上げたよ(笑)。
どうもお疲れさまでした!

藤本由香里

私も村上さんに倣って(?)、コメント長かったです。通訳が入ると長くなるので、半分くらいに考えないとダメみたいですね。
 4日間いたのに一度も発言できなかったので、たまっていたのかもしれないです(笑)。
 みなさま、お疲れ様でした!
 とても刺激的で後につながる会だったと思います。2000年のプレ漫画学会をちょっと髣髴としました。
 この種が実っていくのが楽しみです。

コメントを投稿する