オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

のだめコンサート

»

東京フォーラムで『のだめ』オーケストラの演奏会っつのがありまして、藤本由香里さんからお誘いをいただき、いってまいりました。
よかったですね。楽しい演奏会でした。考えてみたらここ数年クラシックの演奏会なんて、姪の大学オケしか聞きにいってないので、ものすごぉく久しぶりにプロのを聞いたわけで、うまい!(当たり前)
フジテレビの企画で、あいだに出演者(玉木、上野)のトークとか、ナオタだっけ? ロックでバイオリンやってる人(峰のモデルみたいな人で、今回ののだめオケの人選だとか、峰へのレクチャーをしたらしい)とかが出てきて、色々裏話もしてくれたんで、それも面白かった。
収穫はいくつかありますが、

何より驚いたのが上野樹里は天然で、演技じゃなくて素のままだったってことでした。いやぁ、喋り方もボケも、言葉のわけわからなさも、動作さえ、あのままなんでした(笑)。
それと、専門的なことはわからんが「のだめだったら、この曲はこうするはず」とか、けっこうそれぞれにテンポ、音の出し方、アドリブなど、キャラクターにあわせて、プロが指導して演奏を演出してるんですね。これは手間かかってると思ったな。玉木は、ブラームスの曲を指揮するのに「パソコンだけで千回聞きました」っていってて、相当特訓したみたいです。指揮って大変だからねー。
演奏もなかなかよくて『のだめ』の関連場面をスクリーンに流し、それから演奏を始めるスタイルで、ヘタ打つと最低な構成だったけど『のだめ』観てる人には面白かったんじゃないかな。クラシックが好きだと邪魔だろうけどね。
ロックと「ラプソデイ・イン・ブルー」はさほどでなかったが、全般に非常に楽しめました。とくに最後のほうにやったブラームスは感動してしまいました。むちゃくちゃ難しい曲で、凄い音の構成でしたねー。いや、何となく聞いたことはあるけど、ああしてナマのオケで聞くと凄いわ。
何よりも収穫だと思ったのは、クラシックというジャンルと、マンガというジャンルを、両方愛し、理解できる人々が番組を作り、出演し、これだけのコンサートまでやってしまう時代になったんだなー、という印象ですね。クラシックとマンガに優劣つけずに楽しめる人がそんなにいて、協力して番組を作るなんて、昔だったら絶対ありえないよね。京都の講義でも、このへんの印象とか、エピソードとか、使えると思います。

Comment(8)

コメント

aiko

はじめまして。
よくお邪魔しています。
このコメントはすぐ削除していただいて構いません。
峰のモデルは「NAOTO」です…
ナオタじゃないとです…
よろしくお願いいたします。

あ、すいません。
思い出したんですけど、直してる時間がなかった。NAOTO・・・ね。
アルファベット表記なんですね。

しげお

上野さんは、天然でしたか。
TBS → フジと局は変わっても、のだめの配役予定が上野さんのままだった事も踏まえると、何か巡り合わせの様な気がします。

でも以外と映画&ドラマの撮影期間は演じる役柄が降りてきちゃって、日常生活も、そのまま役に引きづられているのかもしれませんね。『ガラスの仮面』の世界みたいに・・・

上野さんは映画・ドラマも数多くこなしてらっしゃって、今まさに伸びて来ている女優さんの印象があります。
NHKドラマ『くるくる家族』出演時は、石原さとみさんの方が取り上げられる機会が多く、ちょっと現在の御活躍ぶりを創造する事は、できませんでした。


でも、私個人の感想では、宮崎あおいさんの方が、もっと早くに注目されるかな、と勝手に期待してました。

以前NHKで大島弓子『秋日子かく語りき』を原作にしたドラマが製作された際、宮崎さんが主演されていました。役柄として泉ピン子さん演じる、いわゆるオバサンが入ってしまった女子高生を演じていたのですが、この演技が正真正銘の絶品の演技でした。
いわゆる一般名詞としての『オバサン』が乗り移った演技ではなく、まさに役柄通りの泉ピン子さんが乗り移ったとしか表現できない演技をこなしていました。
それもカリカチュアライズされた物真似ではなく、ある程度抑制された、対象物であるピン子さんそのものを、かなり正確にトレースした演技です。

TVドラマなので、合成で泉&宮崎が一つの画面に重なって表示される場面も多く、その演技の程度を比較する事は、容易くできました。

TVドラマを見て、背筋が冷たく感じたのは、後にも先にも、この一回限りです。

しげお

すんません。
『てるてる家族』の間違いでした。(恥)

上野ファン

>何より驚いたのが上野樹里は天然で、演技じゃなくて素のままだったってことでした。いやぁ、喋り方もボケも、言葉のわけわからなさも、動作さえ、あのままなんでした(笑)。

元々彼女はすごい天然ですが(笑)しゃべりかたや動きがのだめのままなのは、のだめ役が抜けてないだけでしょう。普段の上野樹里はのだめと違ってかなり早口の関西弁ですよね。
「スウィングガールズ」の時は主人公の友子のままだったし、ちょっと前映画「虹の女神」の番宣やってた時は地味な服着てサバサバした男っぽいキャラでしたね。初めてTVで見た時は「てるてる家族」の優等生やってたせいか、すごくしっかり者に見えましたね(笑)。
のだめも最初の予告編では今と全然違ってキャピキャピしたカワイコキャラでした。

yosida

お久しぶりです。いきなりですが、そういえば「のだめ」と「もやしもん」というマンガがコラボ連載してましたね。何か雑誌社の垣根を越えてやってるみたいですが・・・。他には「ニコイチ」というマンガでもコラボしてましたね。
個人的には「もやしもん」はおすすめです。登場人物が芸人にそっくりなんですよ。いや本当に。

しげお

>普段の上野樹里はのだめと違ってかなり早口の関西弁ですよね。

となると映画『笑う大天使』の方が、わずかながら素の上野さんが垣間見えていますね。

しげお

誠に申し訳ありません。
もうそろそろ話題を変えて下さい。
こんなに引きずるつもりは無かったんです。

コメントを投稿する