オルタナティブ・ブログ > 夏目房之介の「で?」 >

夏目房之介の「で?」

京都国際マンガミュージアムOPEN

»

 「京都国際マンガミュージアム」が25日(土)OPENした。
 http://www.kyoto-seika.ac.jp/kyotomm/

Photo_153
 
 24日(金)、開館記念フォーラム「現代マンガ・アニメのルーツとマンガの未来」が能楽堂でおこなわれ、パネリストとして参加。前日、いまだ作業の真っ只中で大わらわの中、内覧させてもらい、翌日、フォーラムへ。
 高畑勲さん、竹宮恵子さん、寺脇研さん(元文化庁文化部長)と僕、それに狂言師・茂山千三郎さんの司会。茂山さんは打ち合わせの段階で、かなりとまどわれていた。マンガは好きとおっしゃってたけど、もう少し詳しければね。
 僕はビデオ出演の養老さん(館長)の「吹き出しは日本語のルビ」論による、あたかも吹き出しが日本固有の伝統みたいな語りが気になったので、まずは「マンガ=日本固有文化論」批判をちょいと語っておきました。

そのさいとなりの高畑さんに「高畑さんも日本固有文化論的なことを書かれていますが・・・・」といったら、ブンブン首を振って否定された。う~ん、ご本人のつもりではアレ違うんだろうか。まぁ、いいけども(笑)。
 茂山さんはしきりに、海外で狂言をやったときに「日本の繊細な感情などは伝わらない」という側面を強調し、できれば「マンガ・アニメのルーツは日本文化」の方へもっていきたいようでしたが、意外なことに高畑さんがあまりそれに乗らず、ちょっとやりにくかったかもしれない。僕としては、それでよし、ってことですが(笑)。
 僕の語った他のポイントは、マンガミュージアムが研究機能を備えている点。これはアミューズメント施設になりがちな「このテの」施設としては可能性を感じる、ということ。
 それと、直前に聞いた京都らしい「自治」の意識と施設のからみ。京都のど真ん中、烏丸御池交差点近くの廃校になった小学校の、昭和3年の建物と敷地を利用している。この建築は、ちょっとアールデコな感じもあってなかなかいい。それで京都って、明治2年、政府より先に近代教育のための学校を地域住民が作ってるんだそうだ。すげぇ。江戸時代から継続する地域自治意識が生きてたんですな。
 学校の地権者が周辺住民であり、廃校になっても定期的に掃除したり、そういう強力なプライドがあって、逆に廃校跡を公的に利用するのに住民の許諾がえられない状況を作ってきたんだそうです。当然最初は「マンガなんて!」という反応だった住民と気が遠くなるほどミーティングを重ね説得したんだそうです。したがって最初に内覧したのは役人でもマンガ関係者でもなく、周辺住民なんだそうな。しかも、最終的には住民が数千万円を寄付して人工芝の庭を作ったというから驚き。これ、NHKのドキュメントになるなじゃないの? 「そらぁとだいちのあいだにわぁ♪」(笑)
 フォーラムはそれなりに面白かったと思うな。とくに寺脇さんの話は僕には面白かった。本当は、もちろん問題もたくさんあるし、指摘しておこうと思ったこともあるけれど、それは結局タイミングのないまま終わってしまった。
 寺脇さんのいうように最初から「国立」なんて枠じゃなくて、民間と施設の周辺住民に収集家などの協力、寄付があり、国も出資するという形で、こうしたミュージアムができるのは画期的なのかもしれない。また、ただ集めるだけじゃなく、きちんと研究・教育という側面も考えてあることも、もちろん評価されるべきだろう。

Photo_155

←チャイルドルームでは『くもとちゅーりっぷ』を上映してました。お子さんとお母さんとかしか入っちゃいけないんだそうです。・・・・なんでぇ?(素朴な疑問)

 でも、残念なことに「船頭多くして」の権限曖昧状態を生み、ある目的に向かって組織化する独裁的な執行ができない。そのため、おそらく経営体として収益を生み、資本主義的に健康な状態で収集研究施設を維持するという課題に向かえないだろうってこと。これ、ヘタすると国や他の組織からの「おもらい経済」で成り立つものになり、結局「箱もの行政の無駄遣い」と同じ矛盾に陥る可能性がある。要は、たとえば商品をじゃんじゃん売れるような展示をやり、商品開発をすすめ、経済的に自立できる基盤を作るような方向にすすめる強力な人物が権限を持てるのかどうか、じゃないのかな、と思った次第。どのみち、入場料収入で成り立たせるなんて、ありえないんだからさぁ。
 でも、そんなメンドなことしてストレスにさらされてまで、このミュージアムに価値を見出す人がいるんだろうかってことですが・・・・いないだろうなぁ。ベンチャー系の若い起業家とか・・・・無理だよなぁ、きっと。少なくとも僕は、イヤです(笑)。多分、すぐ胃潰瘍で入院する。
 とはいえ、入場料500円で、あのマンガ見放題はかなりオトク。近所の方はいってみるといいです。
Photo_154

海外の本なんかも、けっこう凄い数がある。一般には珍しいタイの5バーツマンガ(赤本、貸本的な猥雑さ満載!)なんかも見られる。僕は、はじめてポーランドやインドのコミックを実地に見た。しかし、本の保全、大丈夫なのか? まだまだ課題は多いぞ。知り合いが何人もかかわってるし、協力も約束したので、他人事じゃなくて心配ではある。うまくいってほしいものだ。

ヘッドライン
http://www.blog-headline.jp/travel/archives/2006/07/post_1131.html

少し不思議な小部屋
http://blog.livedoor.jp/sssf/archives/50603610.html

白生地や
http://shirokiji.cocolog-nifty.com/miurasei/2006/11/post_da2a.html

 あ、そうそう。能楽堂で、橋掛かりから出て、舞台で座って話すってのは、じつに珍しい経験で、面白かった。ふつうの意味では、やや集中できない感じの空間で、意識を切り替えるのにちょっと時間がかかった。茂山さんの祝言も、舞台側から聞けたし。
 さて、OPEN当日、昼ごろに様子見をしにいったら、けっこう人が入ってましたね。ふむ。とりあえず、よかった。若手の研究者とも少し交流できたし・・・・。
 その後、新幹線に飛び乗り、登戸の元の奥さんの家にゆき、「もうひとりの孫」に会う。挨拶したら、人見知りせずに抱きついてきてくれた。かわいい。酒で沈没したN井さんの「恥ずかしい写真」を撮ったりして楽しい食事を終え、帰宅。さすがに疲れましたぜ。へろへろです。
 でも明日は森下文化センターでマンガ編集者のレクチャー。期待の西村繁男さんである。

Comment(10)

コメント

iwata

はじめまして。
以前からブログは拝見させていただいてました、がはじめて書き込みします。

私は、大阪に住んでいるんですが今日は友人と京都の博物館に行ってました。そこで京都国際マンガミュージアムのポスターを見て、「そういえば今日だった…夏目さんも来られるし行きたかった…」と思ってショックを受けてました(笑)まぁ友人との都合の兼ね合いもあってどっちにしろ無理だったんですが。

私の友人が今フランスに留学してまして、その子に聞いたところによるとやはりマンガは大分人気があるそうです。
ドラゴンボールなどは向こうでも人気だそうですがバガボンドは全然知られていないそうです。それは茂山さんが言われたように「日本の繊細な感情などは伝わらない」ということなのかもしれませんが、やはりマンガが通用しないわけではないですからね。

まぁバガボンドが知られていないのは輸出というか、海外にマンガを伝える役割の人が向こうの人にはうけないという判断をして出版事態をしていないのかもしれませんから判断しかねますが。

> これ、ヘタすると国や他の組織からの「おもらい経済」で成り立つものになり、結局「箱もの行政の無駄遣い」と同じ矛盾に陥る可能性がある。

ご指摘は一面同意しますが、しかし経済的に自立できる方向に舵を取りすぎると、研究方面への予算配分がなくなるというのが世の常だったりします。受ける展示や商品と良い研究はしばしば一致しませんので。
もちろん社会への還元という視点を研究者も常に持つべきなのですが、しかし人材育成という点では、人文系研究者は芸術家と違って経済的成功を得ることは例外的にしかないのも事実で、「おもらい経済」でやらせていただくしかないと思います。

拙ブログへのリンク、恐縮いたします。
一地域住民として今後も先行きを愛着を持ちながら気にかけるモノですので、先日の開館記念フォーラムも楽しく過ごさせていただきました。
「経済的な自立」も個人的に気になるところでして、伝統文化の担い手も多いこの土地から何かできないか、ひとりでもの思いにふけっております。
どうぞますますのご活躍を願いつつ、京都国際マンガミュージアムもよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

Eggの黄味

お帰り~! じゃー古川師匠の「祭りばやし」は
最終日だけど、無理だな!

いのっち

こんにちは、はじめまして。
私は昨日、京都国際マンガミュージアムに参加させていただきました。
沢山のお客さんが漫画を夢中で読む姿を見ていて、
漫画はもう高度な文化のひとつになったんだなーと
改めて感じました。
博物館的要素と民間的要素と図書館的要素が入った素晴らしいミュージアムなので、凄く珍しく、是非みなさんにきてほしいです。

長谷邦夫

>フォーラム
ご苦労さまでした。ぼくも拝聴したかったんですが
家内入院やらで~、いずれ、マンガ学会理事会も
ここでやるチャンスが出来ると思います。

>能舞台
新潟のマンガ学会大会もビル内の能舞台でした。
会話・対話が活性化出来るような、面白い設計の
「脳舞台」が出来たら面白い。

>おもらい
確かにそうなんですが、関西は「民」の発想が
早く、積極的ですね。
栃木に住んで感じるつまらなさは「官」的発想
ばかり。宇都宮の空洞化はヒドイもんですが
LRTを走らせよう~なんてことしか考えられない。
この町のバスの本数はものすごい・過密なのに。
ミュージアムは、きっと困ればいろいろ工夫する
ような気がします。

>管理
若い管理者・発想の新鮮な人材を、早く育成
することですね。
精華大学生の勉強の現場・教室だということで
いいのではないかとも思います。
先鞭をつけるチャンスですよ。

Aa

高畑さんの「アレ」というのは、例の絵巻物分析本のことでしょうか。
『作画汗まみれ』巻末の論考は漫画とアニメの絡みについていいこと言ってました。

ナ○ゴ

はじめまして

開館フォーラム、楽しかったです。茂山さんは確かにそんなに読んでなさそうでしたね。堅苦しいと思っていた文化庁の人が意外と面白かったです。

手塚の基本の上にさらに手を加えたのが少女マンガとおっしゃっていたので、帰りにに竹宮さんの「風と木の詩」と船戸明里の「アンダーザローザ」を買いました。船戸をご存知でないなら是非読んでください。素晴らしいです。

Aa

>船戸明里の「アンダーザローザ」

医者が二人もいるのに愛人が隠れて麻薬吸ってるのに双方気がつかず、その息子に全て罪を押し付ける話ですね。

>八戒さん
いや、もちろんそういう側面もあると思いますよ。でもね、僕は国や自治体のサポートって、いまやいつまであるか不安定なものに思えるんですよ。それと「金は出すが口は出さない」ならいいけど、マンガなどの領域では致命的な介入になりかねない。僕は、今やるならエヴァやガンダム、NANA、ジャンプ文化、萌えややおい、BLなども積極的にとりあげるミュージアムであるべきだし、それできてくれるお客をもっと広い視野につなげるのがイイ方向じゃないかな、とか思うんですね。そういう活性をもつためには、マンガの商品市場性をとりこんでいかないと面白くならない。それで自由に研究できる条件も持続的に作れる気がするのね。将来的に、商品やサービスで継続的な利益をえて、それで自由で持続的な研究を可能にするっていうのは理想にすぎないですかねー。まぁ難しいのは事実ですけど。

コメントを投稿する