オルタナティブ・ブログ > 成迫剛志の『ICT幸福論』 >

”情報通信テクノロジは人々を幸せにする”を信条に、IT業界やアジア・中国を見つめていきます。

プロフェッショナルなサラリーマン

»

 サラリーマンもプロフェッショナルであるはずだ。自分の報酬、つまり給料は、あくまで自分が会社に提供している価値の対価である。言い換えれば、サラリーマンであっても、プロフェッショナルとして自分の価値を会社に提供していて、その対価として給料をいただいているのだ。

 プロフェッショナルは、今の仕事が合わないので、どこか他の部署に移動させて欲しい、などとは言わない。最低限、今の仕事においてもプロフェッショナルとして自分の力を最大限に発揮し、自分の報酬に見合う価値を会社に提供しようとする。
 それを実践した上で、プロフェッショナルは、「あの部署でこんな仕事をさせてくれたら今よりももっと貢献でき、成果が出せます!」と上司に進言する。

 さらに、プロフェッショナルは、事業環境の変化に対応するために自らスキルアップを継続しているし、急激な変化に対しても自らリスキルを実践する。それこそがプロフェッショナルというものだ。

 プロフェッショナルなサラリーマンとはそういうものだ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する