オルタナティブ・ブログ > 成迫剛志の『ICT幸福論』 >

”情報通信テクノロジは人々を幸せにする”を信条に、IT業界やアジア・中国を見つめていきます。

話の長い人の文章は要点がはっきりとしない

»

昨夜、ライター&カウンセラーの某氏との会話がなるほどと思うことが多く、人材育成に役立ちそうなアイディアが浮かんだ。 とりあえずブログにメモを残してみる。

・ 話の長い人が書いた文章は、要点がはっきりしないことが多い。 頭の中が整理できていないからかもしれない。 判りやすい文章を書くトレーニングをすることで、ロジカルシンキングも養えるのかもしれない。

・ 不満を持っている人からの相談は、話が長いことが多い傾向にある。 話している間に話題が変わっていくことも少なくない。 これも、頭の中が整理できていないからかもしれない。

・ 腹の奥底にある”想い”を発掘する。聞き出す。そしてそれを一緒に整理する。時間がかかるが、大切なこと。

・ そして、それを自分で文章化する。 そのようなプロセスを重ねることが ”仕事力” アップを図るトレーニングとなるかもしれない。

文章作成能力はそれだけでもビジネスに不可欠なものでもあり、 試験的に実践してみようと思う。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する