オルタナティブ・ブログ > 成迫剛志の『ICT幸福論』 >

”情報通信テクノロジは人々を幸せにする”を信条に、IT業界やアジア・中国を見つめていきます。

「時間」から貴方を開放する「TV全チャンネル全録画」

»

海外在住者から日本のTV番組を見たいとの要望を受け調査・検討したら、「TVの全チャンネルの全番組の録画システム」と出会いました。 見たい番組を予約するのではなく、放送している全てのチャンネルの全ての番組を録画してしまい、後からPCや外出先のiPad、iPhone、iPod touch 等でいつでも視聴できるというシステムです。

香港駐在時代に流行ったSONYのロケフリ。 Happy Valleyの居酒屋は、「香港猛虎会」を組織していて、ロケフリを使って全ての阪神戦をリアルタイムで「上映」していて、香港在住の阪神ファンの溜まり場となっていました。
だけど、あくまでリアルタイムでしか見られない。
先日まで滞在していたアフリカは時差が7~8時間。 リアルタイムのTV視聴では見たい番組が見られない。というわけで、リモートで録画予約でき、リモートから視聴できるシステムを探していたところであったのが、この全チャンネル全番組録画システムです。

早速導入して試してみると想像以上に便利で楽しく有用! 私自身はほとんどTVを見ないのですが、それでもTV番組表から過去の番組をクリックすれば、どこの放送局のどんな番組でも見られる。 録画の視聴なので、不要なシーンは早送りして見たいシーンだけをつまみ食いできる。 アフリカ滞在中にもかかわらず、すっかり日本のTVに詳しくなりました。 また、ニュースも最新のニュース映像を見られる。 9月に首都圏を襲った台風のニュースも、アフリカで30分遅れ位で全て見ることができました。

日本に帰国後も手放せないシステムとなりました。
いつでもどこでも、過去のTV番組が見られる。
通勤電車の中で昨夜のワールドビジネスサテライトを見ながら通勤。
アポの時間よりも5分早くついてしまったロビーで、定時ニュースを見る。
最近流行っているというTVドラマの初回の最初の15分だけ見てみる。
など、予約等の事前操作なしで「いつでも」、「どこでも」、「どの放送局の」、「どんな番組でも」見ることができる。
まるで、過去にタイムトラベルをしてチャンネルを変えながら自分が見たいTV番組を探す。 これは、本当に予想以上に便利です。
TV番組の放送時間から全く開放される。 TV好きな人を「放送時間」から開放するだけでなく、僕のようなTVを見ない人をTVに引き戻すようなそんな素晴らしいシステムです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する